スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

歌姫とは彼女=サラのことを指す言葉だと思う。

ダラダラと書きます。ゴメンナサイ。

7月18日 
大阪城ホールにてサラ・ブライトマンの日本公演を見て来ました。

オットが興味がありそうな雰囲気だったので
たまにはオットの興味あるアーティストのライブでも見に行こうかと思っての妻心(笑)
もちろん、彼女の歌声は聞いたことがあったし素晴らしい歌手だという程度の知識はありましたが
15000円のチケット代に見合うはずのコンサートであることを信じて、行くことを決めました。

チケを取ったあと、JJのライブが決定になり
さすがに1週間に2度も、
しかも1つは台湾だなんて・・・・オットに口が避けても頼めるわけもなく。


大阪でのライブはサラにとっては日本最終公演。
他の地方でのライブのレポを見る限り、かなりの高評価。
参加した人の中には、倍の値段を払っても惜しくない、とまで言う人も。
だんだん気分が盛り上がってきました。


「サラ・ブライトマンの特別なファン」でもない私が
「15000円のチケット代金」に見合う感動がもらえるのか・・・なんて心配した私がバカでした。

オープニングの第一声から
背中がゾクゾク・・・・・背筋を寒気が走るぐらい
その声は素晴らしかった。
舞台はバックスクリーンに宇宙の美しい風景。
その美しい声と背景が素晴らしくマッチ。
凝ってはいるけれど、奇をてらわないというか
サラの歌声を聞かせる演出でした。

ライブは途中に20分の休憩を挟む、珍しいタイプ。
休憩中にはそこここで「スゴイ」「スゴイとしか言い様がない」という声が聞こえ
もちろん、私とオットもそういう会話だけで20分過ごしたような・・・・・
前半は 宇宙をイメージした最新アルバムを中心に構成、
後半は、聞き慣れたサラの定番を中心に構成されてました。
可愛らしいキュンとするような歌声だったり、
感情を込めて演じているような歌声だったり、
声量や声の質を重視したクラッシック正統派の歌声だったり
サラの歌の世界に、1曲1曲引きこまれました。

とにかく、圧巻。
コレが世界の歌姫なんだと思い知らされた気分です。

ライブ終了後に京橋で食事中も
話題はライブのことばかり。
今まで夫と見たライブでは初めてのこと。
それくらい、私も夫も感動してました。

帰宅後、サラのCDを聞くと
ライブでの情景が蘇ってきます。
α波出まくり状態。
(かと言って、熱烈なファンになったわけではないですが・・・w)





夫婦でこんなに素晴らしいライブに行けて幸せ。

直前まで「オットにこんな高いカネ払ってこんなもんか!」と言われたらどうしよう・・・と
思っていたことが取り越し苦労になってよかったです。
スポンサーサイト
12 : 27 : 44 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

大阪アジアン映画祭

もう1カ月ほど前のことになりますが
大阪アジアン映画祭最終日に、よろめき関西支部のつぼさんと一日デート。

最初に見たのは豆導の「LOVE」
想像してたよりずっと豪華キャストだった。
男性3名(小天、ポン、マーク)はサービスシャワーシーンあり
ヴィッキーチャオ相変わらず元気で可愛い
アイビーチェンも可愛い、
なんと言ってもスーチーの魅力はすごい。
好きじゃないけどかわいくて色っぽくて唯一無二の女優さんであることは間違いない。


ストーリーも笑いありハートウォーミングありでいい話。
現実はそんなにうまくいかないと思いつつも
映画だし作り話だし
俳優も映像も素敵だし
なんだか全て許せちゃう雰囲気がある。

笑いのシーンも多くて
ここはもしかして中国の映画館かと思うくらい
観客がどっかんどっかん笑ってた。
豆導の笑いのツボ、いいわ

2時間があっというまで豆導映画にありがちな眠気も一切感じなかった。


おすすめできる映画なので
機会があったら見てくださいませ 。



***


映画「LOVE」を見た後に
午後からある予定の「ピーターチャン監督を囲む会」に参加する予定でいました。
1時間前から整理券を配ると聞いていたので
場所のチェックをしに囲む会の会場へ移動。
そしたらその時既に十数人が並んでいてびっくり。
前日まではつぼさんと「参加できたらいいね~」くらいの緩い雰囲気だったのですが
整理券の為に並んでいる人を見た途端やるきスイッチが入り(笑)
列に並ぶことにしました。

無事整理券をもらい、ランチへ。
近くのインド料理屋でおしゃべりしてるうちに
あっという間に「囲む会」の開場時間に。


登壇したピーター監督は始終満面の笑み。
常に顔がニッコニコでソフトな印象でした。
会はアットホームな雰囲気で
ファンからの質問を中心にピーター監督が答えていらっしゃいました。
一つの質問に対してピーター監督しゃべるしゃべる、おどろくほど喋ってくれてました。
通訳さんは女性の方で、とても聞きやすくて良かったです~


私が印象に残った質問回答は・・・・

Q ラブソングの様なラブストーリーを撮る予定はないのか?
A 若い頃はラブストーリーのことばかり考えていたが、
  年齢を重ねるうちに考える内容も変わってきた。
  今はラブストーリーよりも作りたい内容のものがある。

Q 中国アメリカ香港での映画作りの違いは?
A 香港は2~30人でも映画が作れる
  アメリカでは2~300人で映画をつくり
  中国ではもっとたくさんの人が映画に関わる。
  だが本質的なものは何も変わらない。


映画に関わる様になったキッカケや、監督になるまでの経緯なんかも話してくれて
とってもとってもたくさんの話が聞けた1時間でした。
金城くんについても
なんでも質問してきてディスカッションしてくるので
「とってもめんどうくさい男」という表現されていましたが
その「めんどうくさい」所をとても買ってらっしゃる感じで
金城くんへの愛情も感じました。

自分の事をもっと知ってもらうために
香港国際映画祭の時に自分の歴史本的なものを出版するので
それを読んで欲しいというオチも(笑)

かわいらしくてとっても話が上手で素敵なピーター監督と過ごせて
とっても有意義に過ごしました。
限定100名参加とのことでしたが参加できて幸せでした。

記憶があいまいな部分もありますので
間違いはご容赦を~~




*****


ピーター監督の素敵な笑顔に会えた後、
近くを散歩&堂島ホテルでお茶休憩。
その後もかるく(?)イタリアンでお腹を満たした後に
本来ならば一番の目的であったクロージング&「捜査人X」を鑑賞。

残念ながら電車の都合で1時間ほどで会場を去らねば行けなかったのが残念なところ。
次回は是非とも最後まで見たいわ~
今年は見たい映画が満載の大阪アジアン映画祭、
来年の開催ははっきり決まってないようでしたが
是非とも開催していただきたいです!>橋下市長様 


******



映画祭でグランプリを獲得した
『神さまがくれた娘』のテレビ放送が決定したそうです。
ABC賞受賞作品『神さまがくれた娘』の朝日放送(関西圏のみ)放映日
■放送日時:5/18(金)深夜1:34~ 日本語字幕版
■番組名:第7回大阪アジアン映画祭グランプリ&ABC賞W受賞作品「神さまがくれた娘」
そちらもぜひどうぞ!


*******



13 : 34 : 47 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

映画「女と銃と荒野の麺屋」鑑賞

あけましておめでとうございます。

すっかりご無沙汰しておりますが、元気にしています。
相変わらず、台湾ドラマを見たり、中国語映画を見たりそれ以外の映画も見たり。
NHKのドラマもぼちぼち見てます。
今のオドロキは「カーネーション」の時代と「開拓者たち」の時代が
ほぼ同じ時期だということ。あまりにも生活が違うことにびっくりしているところです。


音楽は、基本RAGFAIRを聞き、TTREを聞き、中華系は主なものを押さえていますがあんまり自信ありません。
11月に人生初のよしもと新喜劇を鑑賞してきました。
ちょうど京橋花月の最終日ということもあってか想像以上に面白かった!!
「1911」と「少林寺」も映画館で鑑賞。感想をブログに下書きしてる途中で放置していたことを
さきほど気が付きました(苦笑)



今年初の映画は
「ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル」を正月に見てきました。
普通のよくあるシリーズものだと思って見たけど
これがまた面白いのなんの!!!
「シリーズ最高の出来」と言っても過言ではないくらい。
トムさん、やっぱりすごい俳優さんでした。
まだの方、ぜひとも劇場で見てくださいませ。


今年2本目の映画は
「女と銃と荒野の麵屋」(by チャン・イーモウ)を見ました。
期待はしていなかった通りの映画(笑)で
最初っから睡魔が私を襲いましたが
中国語映画が地元で見れる喜びと
これからも中国語映画を上映して欲しいという下心もあって見たので
これはこれで良しとしましょう・・・・
この映画を上演してくれた映画館は
月末に「サンザシの樹の下で」「孔子の教え」も上映してくれるのですが
この映画館のチラシに「祝!春節」と書いてあって・・・・
改めて映画館主さんが春節を祝うために2本も中国語映画を上映してくれるという心意気をとてもうれしく思いました。
ごめんなさい。見くびってました。
これからも中国語映画草の根運動として映画館に通うことをここに誓います!!



こんな私ですがどうぞ本年もよろしくお願いいたします。





23 : 25 : 25 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

誕生日はいつくるの?


先日誕生日を迎えたワタクシ。
何人かの方から祝福のお言葉をいただきました。
ありがとうございます。
いくつになっても、お祝を言われるのは嬉しいことです。

ところが、子供が全く母の誕生日だという自覚がない。
プレゼントをくれとは言わないけれど
家の手伝いすらブチブチ文句だらけ。
私にも「母の誕生日くらい率先して何かやってくれてもいいはず」という
傲慢な考え(?)もあり、イライラMAX。
夜になって「今日はお母さんの誕生日なのに・・・」とぼそっと言うと
その時にはじめて気が付いた様子。もうっ。。。

もう一人、私の誕生日にメールくらいくれてもいいなと思う人から
全く音沙汰なし。
いえ、音沙汰はあったんですが、
自分が知りたいことを調べておけという要求のメール&電話オンリー。
挙句の果てには、ゴルフの結果の報告・反省の電話。そんなん興味ないっちゅーに。
私には聞きたい言葉があるのにさ。
いくら単身赴任中でも、妻の誕生日くらい覚えていてくれてもいいじゃない?


そして2日経過。

昨夜「誕生日だったのでお酒飲んでた」とだけこちらからメール。
さっきダーから
「なんで誕生日だって言ってくれないの?ケチ。」と電話あり。
だから、気がつかないからメールで言ってあげたじゃん。。。
そしたら
「中国にいるからみんな一斉に1月1日に年を取ると思ってた!!!」と激しく笑える言いわけ。
まあ、その笑い話でヨシとしましょか。



そんなこんなで
お酒に付き合ってくれる相手もいず、
一人で飲んだくれていた3連休でございました。





08 : 19 : 47 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

結婚って、幸せですか

BS日テレ放送中の
「結婚って、幸せですか」を見ています。
華流ドラマの中で今唯一見続けているドラマです。

このドラマの主役級の二人の女優さん、ホントにすごい~~~。
存在感を感じる女優さんなのに
二人ともいろんな顔を持ってるな~と
つくづく感じております。


**************

まずは ソニア・スイ隋棠
ドラマの中では、家庭を大切にする普通の妻を演じてますが
とても清楚な綺麗さがあって、スタイル良くて。
けなげな役ですよね~。

その彼女、以前出演していた
偷心大聖PS男(邦題:P.S.男) - 馬小茜(マー・シャオチェン役では
ほんっっっっとにサエない女の子を演じてました。
髪型はダサイし、着てるものも、話し方も、とても美女というのには程遠い。
それでも、綺麗な長い脚だけは存分に出してましたけどね~
このドラマを見てから『結婚って、幸せですか』を見たので
女優さんって自由自在なんだ~と感心しました。

ところが、
私と一緒に中華系ドラマ話をしてたら朋友wulongさんが・・・・
ブラック&ホワイト(原題:痞子英雄)のレイ・ムーシャ(雷慕莎)が
ソニア・スイだと言うではありませんか!?
・・・・・・
雷慕莎の顔を思い浮かべても、馬小茜役をしていたソニアとは脳内で一致しません。
その後、録画してあったブラック&ホワイトを見直して
ソニアの顔を確認、タイトルロールでも彼女の名前を発見して
やっと納得することができました。
それくらい
ブラック&ホワイトソニアと、P.S男ソニアは別人の様~~~
女優さんって、ホントにすごい。
その後、今見ている「結婚って、幸せですか」がBSで放送され、
彼女の女優ヂカラを感じております。




***********************



そしてもう一人の女優、 アマンダ・ジュー(朱芯儀)
(資料によっては、アマンダ・ヂュと書いてあることも)
「結婚って~~」の中では 見事な小悪魔っぷりを発揮中。
ホントに嫌な女を上手に演じてますよね~
彼女の顔も、どっかで見たことあるなあ~~と思ってはいましたが
なかなか思いつかず・・・・・

先日、ホームドラマチャンネルで「敗犬女王」の最終回を見つけたので
以前見たけど面白かったドラマだし、もう一度最終回だけでも・・・と見ていたら
なんと、出てるじゃありませんか、アマンダさん。
主人公のシュアン(シェリル・ヤン)が勤める雑誌社の同僚として出てるじゃありませんか!!!
こんな所で見つけるとは・・・・もっと他にも出てるはずと思い検索・・・。
そしたら これまたビックリ「秋のコンチェルト」(主演・ヴァネス・ウー)にも出演してるのを発見。
そういえば、ヒロイン(ムーチェン)を思う花拓哉の妹(養女)である花癡心(ファー・チーシン)じゃありませんか!!!
これまたびっくり・・・
これだけ目立つ役柄だというのに、まったく気づきませんでした。
おそるべし、女優ヂカラ。
あの、甲高い声とアジア人離れした顔立ちなら
どこに出ていても気付くだろうに・・・・
今更ながら、自分の認識不足を思い知った感じです(笑)


********************

女優さんって変幻自在ですよね~~。
おそろしいくらい(笑)

台湾ドラマに出てる俳優さんって、いろんな所で見かけててわかってるはずと思っていたのに
まだまだちーーーっともわかってなかったことに気づかされた
二人の女優さんの話題でした。


***


来週9月15日からは BSJapanでまた新しいドラマが始まりますね~
ピーター・ホー&バービィ&黄暁明のドラマ「泡沫の夏」。
実はピーターのドラマってちゃんと見たことないのですが、これはどうかしら・・・・
とりあえず、1話目からきちんと見たいと思っています。


ではでは。

22 : 46 : 41 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。