スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

上海よろめき報告:玉三郎@牡丹亭 by wulong

上海にはいろんな日本のアーティストの方々が海外公演をします。
今回は坂東玉三郎さんが中国蘇州昆劇団とのコラボレーションとして
上海で上演されたものをwulongさんが参加されました。
美しい玉三郎さんをさほど大きくない劇場で見ることができるのは
海外ならではといいましょうか・・・。

wulongさんのレポートをお届します。





牡丹亭


11月に坂東玉三郎様が上海で昆劇「牡丹亭」を一週間公演していて、
それを見に行きました。
去年、北京、蘇州と公演した時に、なんで上海は来ないんだーと
ぶつぶつ言っていたので、今回、生で見られて感謝。

会場の蘭心大劇院は小さな劇場なので、1階13列端の席でしたが
肉眼でしっかり見えました。
(1階は15列しかないの。前回ここに来たのは吉本の上海ライブ…)

昆劇はとてもシンプルな背景で、これが発展して華やかな京劇になったそうです。
NHK-BSで放送した「牡丹亭」を見た時は、あまりピンと来ず、
睡魔に教われてましたが、本物はやはり玉様のオーラがありました。
以前京劇を見た時に中文字幕が出たので、今回も字幕はあるだろうと
予想していたのですが、なんと中文と日本語両方の字幕が
舞台の両脇に電光掲示板で出て大助かり。
蘇州語での上演で、去年の公演ではなかったシーンも
追加されたそうですが、これを覚えるって、いや~すごいわ。


牡丹亭


パンフレット(30元≒450円)には日本語の台本付!
(これと同じ台詞が字幕で出てました)
牡丹亭のストーリーがやっと理解できたよ。
夢で出会った2人、娘はその後やつれて死んでしまうけど、
3年後にある出来事から男性のところを夜な夜な訪れるようになり、
最後は娘が生き返ってめでたし、という話。
これって…日本なら、死んだ女にとりつかれた男は衰弱して
あの世へ連れて行かれてしまうパターンだよな~と思ったりもした。

カーテンコールでの玉様は、これまたゆっくりと会場を見回す
その眼がまあ色っぽいこと。
撮影禁止なのに、カーテンコールで写真撮る人(日本人も)が
多くて残念。
私は「玉様が見てる前でそんなマナー違反なんてできない!」と
今回はカメラを出せませんでした(笑)
出演者も多くないのですが、お付の少姐役が可愛かった。

日本で歌舞伎の玉様は何回か見ていますが、歌舞伎とは違う
押さえた動きににじみ出るものを感じました。
こんな小さい所で玉三郎を見れるなんてありえないから、と
無理やり引っ張っていったオットも日本語字幕のおかげで
楽しめたようで、すごいな~と感心しておりました。

帰ってから「覇王別姫」の牡丹亭のシーンを見直したけど、
どこのシーンかわからなかったよ…。
りーほんの「在梅辺」にある台詞はわかりました。

パンフレットにあった座談会で玉様いわく、
「歌舞伎は歌わないけど、昆曲は歌う。
 20年以上肉を食べていなかったけど、指導してくれた方が
 『牛肉をたくさん食べると声帯に脂肪がついて発声を助ける』と
 いうので、昆曲の為に食べました」

来年10月に、東京TBS劇場(赤坂ACTシアターよね?)で上演予定と
パンフレットにあったので、機会があればぜひどうぞ。



シネマ歌舞伎「牡丹亭」サイト(あらすじ・予告編)
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/botantei/index.html

会見
http://www.china-news.co.jp/culture/2009/08/cul09082801.htm

じゃるぱっくツアーもあったとは。
http://jlpk.jal.co.jp/chn/kongeki/







以前から玉三郎さんの京劇を見たいと思っていましたが
さすがに日本での上演は倍率が高すぎてチケットを取ることができず、
今年の初夏に行こうと思っていた京都でのシネマ歌舞伎も
その頃流行し出した新型インフルエンザの為、なんだか足をのばしにくい状況だったこともあって
BSでの放送のみの鑑賞になっていました。
が、今回朋友wulongさんが生の玉三郎さんの上演を見ることができ、とてもうれしいです。
私も、映像だけではなく、生の玉三郎さんが見てみたいなあ・・・と思わせるレポートでした。
wulongさん、ありがとうね~~!!!




そしてこの秋は上海でもう一つ上演された劇があります。
近日中にwulongさんと、hさんが参加されたあの方の舞台のレポを
こちらで紹介させていただこうと思ってます。
お楽しみに。



スポンサーサイト
00 : 52 : 02 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

上海よろめきオフ会無事終了。

先日7月2日、上海よろめきオフ会が開催されました。

上海よろめきーずのsamさん、wulongさん、
そして仔仔迷のHさん、呉鎮宇迷のKさんの4名のこぢんまりとしたオフ会になりました
お話も弾んだときいております。

日本にいる私が言うのもなんですが、上海での明星ライフの仲間になっていただけるとうれしいな~。


今回オフ会参加希望の連絡をいただいた方で
都合で参加できなかった方もいらっしゃったので
次回の企画も持ち上がっているようです。
事情により上海から一時帰国していたびわさんも上海に戻られたとのことなので
次回はもう少し人数が増えそうデス。



参加された2名様、ありがとうございました。
次回参加の皆様にも楽しんでいただけると嬉しいな~~。



尚、あらためて第二次オフ会については告知する予定はありません。
もし今からでも参加してみたい、という方は
コメ欄に鍵をかけてコメントしていただくか、
左記サイドバーのメールフォームよりfuimeiにメールしてください。






10 : 10 : 37 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

上海よろめきオフ会のお誘い

お待たせしました!上海よろめきオフ会の日程が決定しました。
幹事のwulongさんよりお知らせです。






上海よろめきオフ会のお誘い


以前より告知していたオフ会を7月2日(木)で予定しています。
(上海市内。11:30頃~のランチタイムとなります) 
フォームより連絡をいただいてから集合場所を連絡させていただきます。
集合場所は某日本人居留区域です。

中華明星好きなら、どなたでも歓迎です!

「ひとりしか好きじゃないし、他の人知らないし」
「まわりの友達に話しても、誰も知らなくてさみしい」
「DVDで台湾ドラマ見て、はまったんだけど」
「あの香港映画が好き」
「道端のあの看板の人かっこいい」
「中華のカラオケって行ってみたい」
「上海で映画を見てみたい」
「コンサート行ってみたいけど、ひとりじゃ…」などなど

熱く語っても、ゆるゆるでも、ミーハーでも何でもOK。
上海生活のあれこれも含めて、
お気楽におしゃべりできればいいなと思っています。


この日がご都合悪くても、興味がある方は
下記のリンクからfuimeiさんにご連絡くださいませ。

お申し込みはこちらをクリック!


締切は6月27日(土)とさせていただきますが、
できればお早目のご連絡をお待ちしています。
直前に参加希望の場合もご相談させていただきますのでご連絡くださいませ。







おそらく、小ぢんまりしたオフ会になる予定。
どちらかというと、ゆるゆるでよろめくと思われます。


もし7月2日が都合が悪くても、他の日程での開催の参考にさせていただきますので
気になる方は、リンク先からメッセージくださいね♪

お申し込みはこちらをクリック!



尚、確認ですが、fuimeiは上海オフ会には参加しません。ご了承ください。
上海在住の皆様が明星関連のお話ができるきっかけをお手伝いさせていただいています。





よろめき活動報告

00 : 00 : 00 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

よろめき便り:送別カラオケで原点回帰~wulongより

3月のお話になりますが、
上海よろめきーずのつぼさんが、日本に本帰国することになり
送別会が開催されました。
つぼさんが上海よろめき太太の会に初めて参加されたのは
2006年の6月、このブログで呼びかけたオフ会でした。
当時は超緊張されてたみたいで、
飲み物はビールじゃなくてジュースだったんだったわ(笑)
そんなつぼさん、今は日本に本帰国されて新しい生活に入っています。
新しい土地でも頑張ってね、つぼさん♪

送別会の模様をwulongさんがレポしてくれましたのでどーぞ。







この春で本帰国の上海よろめきーずのつぼさんの送別会で、
久~しぶりにカラオケに行きました。

こちらのカラオケはMVはもちろん、「原唱」というのを選べば
本人の声も出ます(曲によっては出ないものもあり)。
だから、いつも自分たちが歌うより、本人の歌と映像みて
つっこんだり壊れまくったりしております。

その後、レストランの予約をしていて、一時間しか時間がなかったので、
大急ぎで曲を入れまくる。
真的Jay迷のつぼさんですが「Jayはいつも見てるからいい」というので、
1、2曲しか入れず、華仔やJJなどを適当に入れていたのですが、
なぜか途中からスー大会に。

つぼさんも私たちも中華明星迷の始まりはF4。
「流星雨」MVはさすがに見飽きたなあ…と思いながら探していたら、
「流星雨(演唱会版)」というのを発見。
いきなり台北1stコンサ「Music Party」の若かりし4人が出てきました。
なんて初々しい!
これで加速が付き、残り20分くらいで集中スー攻撃。
MVや最初の香港コンサの映像などを久しぶりに見て、
華仔迷Sさん以外の3人はきゃーきゃー叫びまくりましたよ。
Sさん、ごめんね。
(ちなみに叫んでいた3人とも、今はスーとは違う人にはまっている)
数え切れないくらい見てる映像なのに、やっぱりいいわ~
たとえタキシードがぱっつんぱっつんでも、アップテンポの曲なのに
棒立ちで歌っていても、4人ともキラキラしてる。

「どんな明星でも『旬』ってあるよね~」と暴言を吐きながらも、
「たまには原点に帰らなきゃだめだね」と、しみじみ。
個人的には最近は嵐にいっちゃってる私だけど、家に帰ったら
この香港コンサDVD見よう!と思いました。
(…と思ったはずなのに、結局見てない…)
キラキラな思いを思い出させてくれてありがとう。
ヴァネもF3も今でも応援してますよ~。

それにしても、上海よろめきーずは減っていく一方で寂しい限り。
中華明星や映画がお好きな方って、どこに隠れていらっしゃるのかしら!?







やっぱりあのスーの香港コンサの映像を見ると
今でもキャーキャーになっちゃうんですよね~。
私も久しぶりにDVDを引っ張り出してこようかなと思わせるレポでした。



そして、こんなところでコッソリとですが
6月あたりに、上海よろめきオフ会をしようかしらと思っております。
上海で中華明星を応援したいと思っている方がいらっしゃいましたら
メールいただけると嬉しいです。
オフ会は平日のランチになる予定。
また期日が近付いたら場所や時間を告知する予定です。
よろしくね!



11 : 08 : 41 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

よろめき便り:つぼさん@横店編

前回に引き続き、上海よろめきーずのつぼさんが新正月に旅行されたときレポをお届けします。
今回つぼさんが行かれたのは横店という大きな映画撮影場。
私も一度は行ってみたいと思っていますが、これまた辺鄙な場所なので実現には程遠いと思われ・・・
そんな場所につぼさんが行くことができて私もうれしいです。

では、つぼさんの中国映画にコア~な方には楽しくなるレポ、どうぞ~






あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。

我が家の年末年始は、杭州と横店に行ってまいりました。
移動は全てバス。
日系の旅行会社のツアー、
西湖遊覧、年越しそば、夜景、宋城ショー、除夜の鐘、
お節料理、初日の出、霊隠寺初詣などなど。
中国にいても、モリモリ日本風なお正月を過ごせるぜツアー。
んで、おまけに念願だった横店影視城とゆー、
映画村のようなとこにも寄ってくれると。
ちなみにサイトはここ → www.hengdianworld.com/
有名どころの映画の撮影が、バンバン行われたとこなんです。
もちろん、Jay出演の『満城尽帯黄金甲』もね、ウフフ。
(→冬休み、ほのぼの家族旅行と思いきや、真の目的はここに、ウフフ)

まずは、上海を出発して1時間後、
高速でバス側面から、おかしな音が。
故障してしまったので、新しいバスを約1時間待つ。
まあこの程度の時間のロスでよかったよかった。
出だしから、ちょっと心配だったけど、
それ以降は、順調に。
深夜までだったにもかかわらず、
チビ達も、バツグンに元気。
年越しそばが、ただの中華そばだったりとか、
除夜の鐘が、ただの流れ作業だったりとか、
まあ、色々ありましたが、
元旦には、無事、初日の出を拝む事も。
西湖と初日の出
中国人もいっぱい見に来ていて、びっくり。
初日の出の瞬間、至る所から、意味不明の掛け声が上がり、
かなりの盛り上がり。

そして、杭州から、義鳥の小商品市場に寄って、横店へ。
すごく貧しい街。
この街で一番高級だとゆー、
四ツ星ホテル(中国では、ホテルには星級があって、
最高級が五ツ星)に宿泊。
ロビーから、部屋から、あまりの寒さに、かなり萎える。
その日の夜は、影視城エリアの一つ、
江南の水郷をイメージしたとゆー村の中の
これまた寒々しいレストランで、郷土料理の夕食。
豚肉かと思いきや、実はカエルの肉だったり、
何故か大洪水&祈祷ショーみたいな、
チープだか迫力ありすぎだか
よくわからないショーがあったり、
ここもまあ、色々ありました。
そしてそして、私的メインイベント、
紫禁城セット(明清宮苑)へ。
明清宮苑
ここで撮影された一番有名な映画は、
可愛いガイドさん曰く、
『満城尽帯黄金甲』なんだって。
あの埋め尽くされた菊の花は、飛行機を使って運んだらしい、
スゴイなー。
セット建築中  階段

入場した途端、チビと夫が、大騒ぎ。
何かと思ったら、湖南電視でやってる、娯楽番組のセットがあった。
日本で昔、『風雲たけし城』ってあったでしょ??
それをパクったような番組があって、
3人とも、かなりのお気に入り。
それの横店ロケを見ていたため、速攻反応したらしい。
チビ達は、自分もやりたいやりたいと、ずっと言ってる。
母である私は、そんなのお構いなし。
鼻息も荒く、ビデオ撮影しながら、
この紫禁城、本物より、私の世界遺産だわーなんて、独り言。
完全に浮いてました、私達。
明 明清宮苑 この近くの塀で『投名状』を撮影

このセットの中で、撮影の準備も進められていた。
黒い柱を金色に塗ったり、
変な置物(発泡スチロールで出来た怪獣)を設置したり。
セット建設中

三国志ドラマのセットだと、ガイドさんは言ってました。
撮影時は、さすがに一般人は立ち入り禁止になるらしいけど、
準備段階は、野放し状態、
相変わらずスバラシイ。
(実際、綺麗にひかれた金箔の紙の上、
なんの躊躇もなく、極上のポーズで写真撮影する中国人多数)

映画のセットとは別に、
馬に乗らせてくれるとこもあって
(ポニーとかではなく、ふつーの馬)、
チビ達は、お兄さんと一緒に、騎馬初体験。
これがこれが、子供を乗せてるとは思えない、全速疾走ぶり。
一緒のツアーのおばさんが、
『ヘルメットもかぶってないし、日本じゃ考えられないねー』
と一言。
ヘルメットかぶってもいいくらいの速度でした 笑
チビ達は、大興奮。
他にも、秦王宮(『無極』や『英雄』撮ったとこ)、 清明上河図なども。
明 秦王宮 『無極』『英雄』『西遊記』『ハムナプトラⅢ』
『ハムナプトラⅢ』にもたくさん出てきましたね、このセット。

秦王宮内の池 なんかの映画で見た事あるような、真ん中のおじさんは知らない人

いやいや、堪能しましたー。
外国人は、ほとんどいなくて、
中国人観光客ばっか。
交通アクセスがかなり悪いので、
日本からでは、なかなか行けないと思う。
よかった、上海にいるうちに来ておいて。

帰りは、世界一長い(36Km)とゆー、杭州湾大橋を渡って、
約6時間かけて、上海へ無事もどってまいりました。









つぼさんならではの視点による、横店紹介ありがとうございました。
私としては、中国人にも初日の出を楽しむ習慣があるということにビックリ。
これは知りませんでした。

それから、どの写真も「見たことあるある!」と思うような場所ばかり。
いいな~、いいな~。


広そうだなあと思っていたら、
なんと、この紫禁城のエリアと、秦王宮のエリアは、
全然別の所にあって、車で移動するんだそうです。
他のエリアにも、全て車で移動。
さすが大陸って感じですね~。



それから、中国映画のことをよくご存知の方に質問。
一番最後に載せている写真の秦王宮内の池。
どっかで見たことがあるのですが、何の映画でしたっけ・・・・・
もしわかる方いらっしゃいましたらメッセでもコメントでも拍手でも結構ですので教えてくださーい!









21 : 36 : 03 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。