スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ヒマラヤ王子に会って来た~その6~

今年も押し迫ってまいりました。
ブログの更新も多分今年最後。
ここをご覧になってくださった全ての皆様には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も更新滞るとは思いますが、
よろしければまた覗いてやってくださいませ。よろしくお願い致します。


さて、最終回になるであろう、「ヒマラヤ王子に会って来た」シリーズ。

実は、当日のオープニング前にテレビカメラが私たちを写していました。
で、放送日も聞いておりました。
翌々日の夕方フ○テレビのニュースの中で扱うということも。

放送日の夕方、テレビを見てビックリ!
ナント、そのコーナーのしょっぱなから
私の作った団扇のドアップ。
しかも、その後、ぷー君に群がるファンの中に、私と中Sの姿も!
これはちぅちゃんも私もビックリしましたね~~。
このブログで告知しなくて助かりました。(笑)


それから、
このイベントについて色んな方がブログで書かれていたのですが、
そのブログの中で
「手作りの団扇を振る熱心なファンたち」と
何箇所かで書かれていたのですが、
それって・・・・私たち?(笑)
ま、団扇は振ってましたし、ファンには違いないんですけど(爆)
やはり、団扇振って応援していたら「熱心なファン」ってことになりますよねぇ。

説明をしておくと
プー君のことを見に行きたかったけれど
熱心なファンってワケじゃないんですよね~。
ただ、上海にいたときから見ていたので愛着があるだけなんですよ。
それってファンってコトなんですけどね。(笑)


ま~、色んな意味で
とっても楽しめたぷー君舞台挨拶でございました。

それではとりあえず
『ヒマラヤ王子に会って来た』はここで終わることにします。

皆様お付き合いありがとうございました。
続編がある・・・・かも!?



皆様良いお年をお迎えください。


スポンサーサイト
16 : 28 : 43 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ヒマラヤ王子に会って来た~その5~

まだこのネタで引っ張らせて頂きます。
そろそろ、蒲巴甲を知らないアナタも
ぷー君のことが気になってきたでしょう?(笑)

そこで公式サイトよりプロフィールの紹介です。
エキサイト翻訳使用して、ちょっと面白い所はそのまま残してあるのがご愛嬌♪




姓名:ガマの巴甲 (←ココ、笑う所です。笑)

年齢:21

生年月日:1985.7.8.

身長: 179CM

最も食べることが好きなもの:郷里のおばあさんのジャガイモ料理

最も飲むことが好きだの:郷里だけあるヨーグルト

最も崇拝する人:シェークスピア、金庸

最も好きなスター:金城武、王力宏、劉徳華、孫紅雷

最も好きなアイドル:メル.ギブソン、ブラッド.ピット

最も好きな映画:《ブレイブハート》、《可可西里》

最も好きな音楽:民族音楽と流行音楽が融合した作品

最も好きな色:白色、青色

最も好きな動物:チベタン・マスティフ

最も好きな地方:ネパール

座右の銘:人は完璧になることは不可能だ、しかし1粒の清らかな心を持つ。

今しているの:努力して学ぶ

目標:マルチに活躍できる芸人






いくつか知らない言葉があったので少し調べてみました。

チベットのヨーグルト
検索してみると、味の表現もさまざまに書いてありますね~。
酸っぱいだの、くせがあるだの、濃厚だの・・・・
そしてチベットではヨーグルト祭(雪頓節)というものがあるほど、ヨーグルトは大切な食べ物(飲み物?)のようです。
ご飯にかけて食べる食べ方もあるとか!?
一度食べてみたいわ。

チベタン・マスチフ
標高の高くて温度がマイナス30度の場所でも耐えられる大型犬のようですね。
獰猛ですが、賢そうな犬ですね。
チベットをあいするぷー君らしいわ。

最も好きなスター:孫紅雷
この名前知りませんでしたが、「初恋の来た道」で息子役をしていた方のようですね。
王力宏のことも好きのようで、やはり同じタイプの顔の方は惹かれあうのでしょうか。



このプロフィールを見ただけでも
彼が、とても郷里のチベットのことを愛しているな~というのがかんじられますよね。




10 : 11 : 50 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その4~

ヒマラヤ王子


1時間半のオープニングイベントの後休憩を挟んで
「ヒマラヤ王子」を観ました。


内容は、ハムレットをベースにしていて、
全てチベット語。

字幕は、英語、中国語が下方に2段で出ていて、
日本語は右端に出ていました。
チベット語はサッパリわからなかったけど、
ぷー君が普通話を話す時に感じる訛りを
チベット語を話す中に見つけました。

ちょっと衝撃的なラブシーンや乗馬シーンもありまして
21歳のぷー君、よく頑張ったね~!とおばちゃんは誉めてあげたかったわ。
そして、民族衣装の素晴らしいこと。
毛皮とターコイズなどの宝石を多用していて、
ぷー君ったら、たっくさんお着替えしていて、素敵。
ワイルドなぷー君にぴったりでしたわ。
しかも、顔が大きめで(普通の人ぐらいなんでしょうけど)
肩幅があまりなくてなで肩、細身で足が○かめのぷー君は
あれくらい豪華な衣装をまとっていた方が100倍素敵。
馬の乗り方もとてもサマになっていて素敵。
他のチベット族の役者さんも素敵でした。
一番気になったのは、お母さん役の女優さんの髪型。
もう一度見たら、髪形チェックもしてみたいと思うくらいすごかったです。


帰宅してから初めて
「はむろて~(拉摩洛丹)」と言う名前が
「ハムレット」の中国語名だという事に気が付きました。
そんでもって
「おさりや~~(奥薩魯央)」というヒロインの名前は
「オフェーリア」だったんですよね。
勝手に「はむろて~」と言うチベット固有の名前かと思っていたので
ふ~ん、みんな名前は4文字なんだな~なんて思ってたんですけどね。
ちとガックリ。
チベットってどんな音の名前が普通なんでしょうかね~。


つづく
・・・・まだひっっぱるのか!?このネタで!(笑)



18 : 16 : 43 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その3~

以下、中Sと私でのレポになります。




中国☆上海映画祭のオープニングイベントが始まりました。
最初に、二胡、楊琴(ようきん)馬頭琴、打楽器での演奏。
久しぶりに聞く懐かしい音色でした。
3曲のうち、一曲は「草原情歌」でした。
そういえば、リーホンが「心中的日月」のMV中に、
中国の内陸の方で色んな楽器とのセッションをやっていたな~とか
二胡も弾いていたなあと思い出しました。
「草原情歌」は「在那揺遠的地方」のベースになっていますものね。


次にお偉い方々の挨拶。
順番は忘れましたけど、長い長いお話ばかり。


会場をきょろきょろ見回していたら 遠くにオーラのある素敵な女性発見。
愛情ちゃんと 「誰だろねぇ?」といってたら なんとSPゲストの
【栗原小巻】さん
お綺麗なはずだわ!
「映画は、魂ですっっ」とキラキラの目で 熱く語ってました。
彼女は中国映画や上海のTV番組も出演してたものね。
お話の最後に「謝謝儂(シャシャノーン)」普通語でなく上海語!! 私達大ウケー



そしていよいよ、監督3人+蒲巴甲くんの挨拶。
蒲巴甲くん
とにかくお顔はリーホン激似! 
ホンモノもスクリーンでもソックリ
顔分析語らせたら上海で一番だったfuimeiも認めるほど激似。
生き別れになってチベットで育った リーホン双子説まで語るほどに(笑)
でも彼の精悍で大きな目は力に感じ、体は細いのに手がかなり大きい、
舞台挨拶では、やっぱりちょっと普通語とは違う発音。 
上海で見ていた南方の中国人とは違う、彼はやっぱりチベット族でした。



中国楽器の演奏3曲や、
松竹、上海映画関係者 大使館のゲストの挨拶
30分くらいのイベントかと思えば イベントはたっぷり1.5時間近く
休憩はさみ 映画か終わったのは5:00でした。


次は映画について・・・のはず!



つづく


16 : 54 : 49 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その2~




ヒマラヤ王子映画ポスター


私と中Sさん(以下、ちぅちゃん)が座った席は、
なかなか面白い席でした。

前は記者席、
後方斜め左方向には、
日本に住む、中国人の方々。
蒲巴甲のファンクラブの方たちでした。
ファンクラブ
その横に濃い中華明星のファンの日本人の方たち
しかも、F4やJayなど、メジャーどころではなくても
たくさんの明星の話題を話せる方たち。
いつの間にか、中華明星の話題でその一角は盛り上がっていました。

在日本中国人の方々は、
蒲巴甲のシンボルマークのテントウムシのシールを配ってくださって、
シールをもらった人だけ手を挙げて記念撮影。(笑)
私が前日作って持っていったキラキラの団扇は
そのアタリのみなさんに大人気で、
その団扇を使っての大記念撮影大会。
TV局の取材カメラも、団扇を収めてくれました。
以前、上海で仔仔のイベントに行った時も中国人女の子に大人気だったんですよね、団扇。


アタリ一円を巻き込んでの中華明星話に花が咲いている最中、
まだ開幕式が始まる前に、
なんと、すぐ手前の通路を、舞台挨拶予定の監督3人と蒲巴甲が前を通って最前列に着席。
ファンクラブの女性は、すぐさま、その席に着いた蒲巴甲のところに行って、
白いマフラーのようなものを首にかけてあげ、握手やらお話やら!
ええっ、まだ式典が始まってないのに、既に主役が着席!?
しかも、警備らしい警備もナシ!
それじゃあ、行くっきゃないっ!と中華で鍛えた血が騒ぐ私とちぅちゃん。
速攻、蒲くんの席に行き、握手を求め、
蒲くんは、快く応じてくれました♪
イイ人だ~~、蒲くん!

蒲くんの手はとっても温かくて大き~~~い手でした。

これはラッキー♪

私にとって、明星との初めての握手が蒲巴甲くんだったワケです。
(ちぅちゃんは既にJERRYを除くスーと握手済みですが。ちと嫉妬。)

蒲くんは、見れば見るほどリーホン(王力宏)そっくりのいい男!
めっちゃカッコイイ。
明星には必需品である、目の中に☆も、たっくさん入っていて
キラキラオーラも背負ってました。

〈つづく〉


19 : 14 : 38 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。