スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ヒマラヤ王子に会って来た~その6~

今年も押し迫ってまいりました。
ブログの更新も多分今年最後。
ここをご覧になってくださった全ての皆様には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も更新滞るとは思いますが、
よろしければまた覗いてやってくださいませ。よろしくお願い致します。


さて、最終回になるであろう、「ヒマラヤ王子に会って来た」シリーズ。

実は、当日のオープニング前にテレビカメラが私たちを写していました。
で、放送日も聞いておりました。
翌々日の夕方フ○テレビのニュースの中で扱うということも。

放送日の夕方、テレビを見てビックリ!
ナント、そのコーナーのしょっぱなから
私の作った団扇のドアップ。
しかも、その後、ぷー君に群がるファンの中に、私と中Sの姿も!
これはちぅちゃんも私もビックリしましたね~~。
このブログで告知しなくて助かりました。(笑)


それから、
このイベントについて色んな方がブログで書かれていたのですが、
そのブログの中で
「手作りの団扇を振る熱心なファンたち」と
何箇所かで書かれていたのですが、
それって・・・・私たち?(笑)
ま、団扇は振ってましたし、ファンには違いないんですけど(爆)
やはり、団扇振って応援していたら「熱心なファン」ってことになりますよねぇ。

説明をしておくと
プー君のことを見に行きたかったけれど
熱心なファンってワケじゃないんですよね~。
ただ、上海にいたときから見ていたので愛着があるだけなんですよ。
それってファンってコトなんですけどね。(笑)


ま~、色んな意味で
とっても楽しめたぷー君舞台挨拶でございました。

それではとりあえず
『ヒマラヤ王子に会って来た』はここで終わることにします。

皆様お付き合いありがとうございました。
続編がある・・・・かも!?



皆様良いお年をお迎えください。


スポンサーサイト
16 : 28 : 43 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ヒマラヤ王子に会って来た~その5~

まだこのネタで引っ張らせて頂きます。
そろそろ、蒲巴甲を知らないアナタも
ぷー君のことが気になってきたでしょう?(笑)

そこで公式サイトよりプロフィールの紹介です。
エキサイト翻訳使用して、ちょっと面白い所はそのまま残してあるのがご愛嬌♪




姓名:ガマの巴甲 (←ココ、笑う所です。笑)

年齢:21

生年月日:1985.7.8.

身長: 179CM

最も食べることが好きなもの:郷里のおばあさんのジャガイモ料理

最も飲むことが好きだの:郷里だけあるヨーグルト

最も崇拝する人:シェークスピア、金庸

最も好きなスター:金城武、王力宏、劉徳華、孫紅雷

最も好きなアイドル:メル.ギブソン、ブラッド.ピット

最も好きな映画:《ブレイブハート》、《可可西里》

最も好きな音楽:民族音楽と流行音楽が融合した作品

最も好きな色:白色、青色

最も好きな動物:チベタン・マスティフ

最も好きな地方:ネパール

座右の銘:人は完璧になることは不可能だ、しかし1粒の清らかな心を持つ。

今しているの:努力して学ぶ

目標:マルチに活躍できる芸人






いくつか知らない言葉があったので少し調べてみました。

チベットのヨーグルト
検索してみると、味の表現もさまざまに書いてありますね~。
酸っぱいだの、くせがあるだの、濃厚だの・・・・
そしてチベットではヨーグルト祭(雪頓節)というものがあるほど、ヨーグルトは大切な食べ物(飲み物?)のようです。
ご飯にかけて食べる食べ方もあるとか!?
一度食べてみたいわ。

チベタン・マスチフ
標高の高くて温度がマイナス30度の場所でも耐えられる大型犬のようですね。
獰猛ですが、賢そうな犬ですね。
チベットをあいするぷー君らしいわ。

最も好きなスター:孫紅雷
この名前知りませんでしたが、「初恋の来た道」で息子役をしていた方のようですね。
王力宏のことも好きのようで、やはり同じタイプの顔の方は惹かれあうのでしょうか。



このプロフィールを見ただけでも
彼が、とても郷里のチベットのことを愛しているな~というのがかんじられますよね。




10 : 11 : 50 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その4~

ヒマラヤ王子


1時間半のオープニングイベントの後休憩を挟んで
「ヒマラヤ王子」を観ました。


内容は、ハムレットをベースにしていて、
全てチベット語。

字幕は、英語、中国語が下方に2段で出ていて、
日本語は右端に出ていました。
チベット語はサッパリわからなかったけど、
ぷー君が普通話を話す時に感じる訛りを
チベット語を話す中に見つけました。

ちょっと衝撃的なラブシーンや乗馬シーンもありまして
21歳のぷー君、よく頑張ったね~!とおばちゃんは誉めてあげたかったわ。
そして、民族衣装の素晴らしいこと。
毛皮とターコイズなどの宝石を多用していて、
ぷー君ったら、たっくさんお着替えしていて、素敵。
ワイルドなぷー君にぴったりでしたわ。
しかも、顔が大きめで(普通の人ぐらいなんでしょうけど)
肩幅があまりなくてなで肩、細身で足が○かめのぷー君は
あれくらい豪華な衣装をまとっていた方が100倍素敵。
馬の乗り方もとてもサマになっていて素敵。
他のチベット族の役者さんも素敵でした。
一番気になったのは、お母さん役の女優さんの髪型。
もう一度見たら、髪形チェックもしてみたいと思うくらいすごかったです。


帰宅してから初めて
「はむろて~(拉摩洛丹)」と言う名前が
「ハムレット」の中国語名だという事に気が付きました。
そんでもって
「おさりや~~(奥薩魯央)」というヒロインの名前は
「オフェーリア」だったんですよね。
勝手に「はむろて~」と言うチベット固有の名前かと思っていたので
ふ~ん、みんな名前は4文字なんだな~なんて思ってたんですけどね。
ちとガックリ。
チベットってどんな音の名前が普通なんでしょうかね~。


つづく
・・・・まだひっっぱるのか!?このネタで!(笑)



18 : 16 : 43 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その3~

以下、中Sと私でのレポになります。




中国☆上海映画祭のオープニングイベントが始まりました。
最初に、二胡、楊琴(ようきん)馬頭琴、打楽器での演奏。
久しぶりに聞く懐かしい音色でした。
3曲のうち、一曲は「草原情歌」でした。
そういえば、リーホンが「心中的日月」のMV中に、
中国の内陸の方で色んな楽器とのセッションをやっていたな~とか
二胡も弾いていたなあと思い出しました。
「草原情歌」は「在那揺遠的地方」のベースになっていますものね。


次にお偉い方々の挨拶。
順番は忘れましたけど、長い長いお話ばかり。


会場をきょろきょろ見回していたら 遠くにオーラのある素敵な女性発見。
愛情ちゃんと 「誰だろねぇ?」といってたら なんとSPゲストの
【栗原小巻】さん
お綺麗なはずだわ!
「映画は、魂ですっっ」とキラキラの目で 熱く語ってました。
彼女は中国映画や上海のTV番組も出演してたものね。
お話の最後に「謝謝儂(シャシャノーン)」普通語でなく上海語!! 私達大ウケー



そしていよいよ、監督3人+蒲巴甲くんの挨拶。
蒲巴甲くん
とにかくお顔はリーホン激似! 
ホンモノもスクリーンでもソックリ
顔分析語らせたら上海で一番だったfuimeiも認めるほど激似。
生き別れになってチベットで育った リーホン双子説まで語るほどに(笑)
でも彼の精悍で大きな目は力に感じ、体は細いのに手がかなり大きい、
舞台挨拶では、やっぱりちょっと普通語とは違う発音。 
上海で見ていた南方の中国人とは違う、彼はやっぱりチベット族でした。



中国楽器の演奏3曲や、
松竹、上海映画関係者 大使館のゲストの挨拶
30分くらいのイベントかと思えば イベントはたっぷり1.5時間近く
休憩はさみ 映画か終わったのは5:00でした。


次は映画について・・・のはず!



つづく


16 : 54 : 49 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2006 就是俊傑世界巡回演唱會台湾盤発売!

12月29日のJJ台北演唱会にあわせて
この2006 就是俊傑世界巡回演唱會-重裝驚奇版が発売されると聞いて
絶対欲しいっ!と思っているfuimeiです。
ドコの会場で撮影された分なんでしょね。
上海だったら嬉しいな。


以前の記事はコチラ


イエスアジアさんで1月4日に発売と聞いてましたけど、
HMVさんでも発売になるんですね~。それも同じ日に。
リン ジュンジェ 林俊傑 - 2006 就是俊傑世界巡回演唱會-重裝驚奇版 - HMV
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?SKU=2507599

早く聞きたいな~♪
07 : 51 : 13 | JJ林俊傑 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

「満城尽帯黄金甲」@上海速報

先日中国大陸で公開になった、「満城尽帯黄金甲」。

その映画に、上海在住よろめきーずの面々が行ったというので、

感想をレポしてもらいました。

以下、文はwulongです。





黄金甲


張芸謀(チャン・イーモウ)監督「満城尽帯黄金甲」を、
よろめきーずの朱麗葉さんとひろさんと見てきました。



えーと、まさに張いや超大作でした。
どれだけお金かけてるんだ、って感じ。
そして、途中から気がついた。
「この映画はコン・リーが主役なのだ」と。
コン・リー扮する皇后様を中心に王様や息子たちの話。

監督らしく、色使いと衣装やセットはすごい。
金ぴかのお衣装や、山ほどの髪飾りをつけて結い上げた髪型は
重いだろうな~。
菊の刺繍がキーポイント。
兵士たちもどれだけエキストラ使ってたんでしょう。
もう~、わんさか!!
前に撮影の様子をニュースでやってて、エキストラの人が
「本当に大変です」とぐったりしてたっけ。

チョウ・ユンファコン・リーは、さすがの貫禄。
第一王子役のリウ・イエと、第三王子役の秦俊杰くんの2人が
私は一番良かったです。
第三王子の最後のエピソードで、唯一ウルッと来ましたもの。
(朱麗葉さんとひろさんに「えー!?」と言われたけど)


俊傑くん 第3王子役の秦俊杰くん(16才)

第二王子役じえるんさんことJAYもね、がんばってましたよ。
思ってたより、ずっと出番は少なかった。
ラストの立ち回り、がんばってるな~と思ってしまうあたり、
私もJAYに愛があったようです。
ママ(←コン・リー)大好きな役なの。
ただ、何せ周りの役者さんたちが上手いものですから…もごもご。

こちらでは珍しいことにエンド・クレジットとともに、
主題歌「菊花台」が全部流れました。
(普通は途中で切ったり、追い出されたりする)
この曲、私は好きですわ~。

いろんな疑問や突込みを入れながら、ランチへ。
映画の記念に(?)「菊花茶」を頼みましたの。

菊花茶



日本でも来年あたり公開されるでしょうか。
家で見るより、映画館の大スクリーンで見た方がいいかも。
女性陣の胸を強調したお衣装に、どーなってるの!?と
突っ込んでくださいね。

sinaのこの映画のサイト
http://ent.sina.com.cn/f/hjj/index.shtml
公式サイト
http://www.sonyclassics.com/curseofthegoldenflower/






wulongさんのレポ読んだら 私は「リウ・イエ」くんの第一王子姿が見たくなりました。

私が報道を見た限りは、コン・リーねーさんの爆乳映画かしら?と思っていたけれど、
それはある程度アタリらしいですね・・・(コッソリ)

この映画、日本でも公開あるかしら?

金ぴか黄金甲、是非みてみたいわ~♪


11 : 01 : 33 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「満城尽帯黄金甲」@上海速報



先日中国大陸で公開になった、「満城尽帯黄金甲」。

その映画に、上海在住よろめきーずの面々が行ったというので、

感想をレポしてもらいました。

以下、文はwulongです。





黄金甲


張芸謀(チャン・イーモウ)監督「満城尽帯黄金甲」を、
よろめきーずの朱麗葉さんとひろさんと見てきました。



えーと、まさに張いや超大作でした。
どれだけお金かけてるんだ、って感じ。
そして、途中から気がついた。
「この映画はコン・リーが主役なのだ」と。
コン・リー扮する皇后様を中心に王様や息子たちの話。

監督らしく、色使いと衣装やセットはすごい。
金ぴかのお衣装や、山ほどの髪飾りをつけて結い上げた髪型は
重いだろうな~。
菊の刺繍がキーポイント。
兵士たちもどれだけエキストラ使ってたんでしょう。
もう~、わんさか!!
前に撮影の様子をニュースでやってて、エキストラの人が
「本当に大変です」とぐったりしてたっけ。

チョウ・ユンファコン・リーは、さすがの貫禄。
第一王子役のリウ・イエと、第三王子役の秦俊杰くんの2人が
私は一番良かったです。
第三王子の最後のエピソードで、唯一ウルッと来ましたもの。
(朱麗葉さんとひろさんに「えー!?」と言われたけど)


俊傑くん ?第3王子役の秦俊杰くん(16才)

第二王子役じえるんさんことJAYもね、がんばってましたよ。
思ってたより、ずっと出番は少なかった。
ラストの立ち回り、がんばってるな~と思ってしまうあたり、
私もJAYに愛があったようです。
ママ(←コン・リー)大好きな役なの。
ただ、何せ周りの役者さんたちが上手いものですから…もごもご。

こちらでは珍しいことにエンド・クレジットとともに、
主題歌「菊花台」が全部流れました。
(普通は途中で切ったり、追い出されたりする)
この曲、私は好きですわ~。

いろんな疑問や突込みを入れながら、ランチへ。
映画の記念に(?)「菊花茶」を頼みましたの。

菊花茶



日本でも来年あたり公開されるでしょうか。
家で見るより、映画館の大スクリーンで見た方がいいかも。
女性陣の胸を強調したお衣装に、どーなってるの!?と
突っ込んでくださいね。

sinaのこの映画のサイト
http://ent.sina.com.cn/f/hjj/index.shtml
公式サイト
http://www.sonyclassics.com/curseofthegoldenflower/








wulongさんのレポ読んだら

私は「リウ・イエ」くんの第一王子姿が見たくなりました。

私が報道を見た限りは、コン・リーねーさんの爆乳映画かしら?と思っていたけれど、

それはある程度アタリらしいですね・・・(コッソリ)


この映画、日本でも公開あるかしら?

金ぴか黄金甲、是非みてみたいわ~♪




10 : 37 : 00 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その2~




ヒマラヤ王子映画ポスター


私と中Sさん(以下、ちぅちゃん)が座った席は、
なかなか面白い席でした。

前は記者席、
後方斜め左方向には、
日本に住む、中国人の方々。
蒲巴甲のファンクラブの方たちでした。
ファンクラブ
その横に濃い中華明星のファンの日本人の方たち
しかも、F4やJayなど、メジャーどころではなくても
たくさんの明星の話題を話せる方たち。
いつの間にか、中華明星の話題でその一角は盛り上がっていました。

在日本中国人の方々は、
蒲巴甲のシンボルマークのテントウムシのシールを配ってくださって、
シールをもらった人だけ手を挙げて記念撮影。(笑)
私が前日作って持っていったキラキラの団扇は
そのアタリのみなさんに大人気で、
その団扇を使っての大記念撮影大会。
TV局の取材カメラも、団扇を収めてくれました。
以前、上海で仔仔のイベントに行った時も中国人女の子に大人気だったんですよね、団扇。


アタリ一円を巻き込んでの中華明星話に花が咲いている最中、
まだ開幕式が始まる前に、
なんと、すぐ手前の通路を、舞台挨拶予定の監督3人と蒲巴甲が前を通って最前列に着席。
ファンクラブの女性は、すぐさま、その席に着いた蒲巴甲のところに行って、
白いマフラーのようなものを首にかけてあげ、握手やらお話やら!
ええっ、まだ式典が始まってないのに、既に主役が着席!?
しかも、警備らしい警備もナシ!
それじゃあ、行くっきゃないっ!と中華で鍛えた血が騒ぐ私とちぅちゃん。
速攻、蒲くんの席に行き、握手を求め、
蒲くんは、快く応じてくれました♪
イイ人だ~~、蒲くん!

蒲くんの手はとっても温かくて大き~~~い手でした。

これはラッキー♪

私にとって、明星との初めての握手が蒲巴甲くんだったワケです。
(ちぅちゃんは既にJERRYを除くスーと握手済みですが。ちと嫉妬。)

蒲くんは、見れば見るほどリーホン(王力宏)そっくりのいい男!
めっちゃカッコイイ。
明星には必需品である、目の中に☆も、たっくさん入っていて
キラキラオーラも背負ってました。

〈つづく〉


19 : 14 : 38 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

ヒマラヤ王子に会ってきた。~その1~

12月16日、
中国☆上海映画祭のオープニングイベントに行ってまいりました。

大陸の新人発掘イベント「加油、好男児!」(ガンバレ、イケメン)で優勝した、
「蒲巴甲」(プー・パージャ)を見に行く為に。



友人ブロガーAさんのサイトで知って以来、
関東在住中Sさんに『行っておいでよ~!』と、
私自身はまるで行く気ゼロ状態。
しかし、しばらく中華明星の世界を離れていた私は
明星禁断症状が出て、急遽2日前に行く事を決意しました。


当日朝、整理券を中Sさんに取ってもらい、
開場時間の1時に並びました。
並んでいる列の後方では
「好男児では呉建飛が好き~♪」
プー・パージャって、なんちゃってリーホンだよね?」
などと、素敵な中華明星迷の会話が・・・。

お客さんには、
中華に詳しそうな方や、年配のご夫婦、日本在住の中国人らしき方など色々。
周囲の会話を聞いているだけでも中Sさんと私は笑いがこらえきれない!〈笑)
2人とも、11月に上海から帰国してから、中華明星の香りに飢えていたみたい。

時間になり、会場の中へ案内された途端、
みなさん、急ぐ急ぐ!
私たちも、なんとなく小走りになりました。
そして、会場の状況見ないで、2列目に荷物を置き、
あとから「もっと中央寄りの所を取ればよかった・・・」と後悔。
しかし・・・・その場所がすごかった!(爆)





最後までイベントの様子を書こうとしましたが、
やはり根気が続きませんでした。(笑)
なので、

〈その2へつづく〉


注:
「加油、好男児!」(がんばれ、イケメン)2006年、もっとも大陸で流行していた、
新人発掘オーディション番組。
優勝は蒲巴甲(プー・パージャ)
   雪域王子と呼ばれてます。

亜軍は宋暁波(ソン・シャオポー)
   沈黙王子と呼ばれてます。
   彼は、小さい頃に耳が聞こえなくなり、聾唖に。
   しかし、彼の手話はとっても美しくて見惚れます。
   一生懸命練習して、踊る彼はとっても優しい感じでかわいいの♪

李軍に呉建飛(ウー・ジェンフェイ) 
   無敵の小ねずみと呼ばれてます。(笑)
   F4のヴァネスに名前は似ていますが別人。
   しかし、一重まぶたの彼、なんとな~くヴァネに似てる・・かも?

この3人以外にも、たくさんの人気者が出てきて、
大陸は、今年、この男の子たちの番組で溢れていました。

東方之星_好男儿官方博客 - 加油!好男儿 - 新浪BLOG
http://blog.sina.com.cn/m/myhero




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

20 : 50 : 33 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヒマラヤ王子に会いに行く。

まずは写真をごらんください。



アメリカ王子
  アメリカ王子。



ブルネイ王子
  ブルネイ王子。




ヒマラヤ王子
  ヒマラヤ王子


この3にん、なんとな~~く、似ていると思いませんか?
そして、明日、中国☆上海映画祭に行くことになりました。
私も、思い腰を上げて、楽しんでこようと思います。
以下、文は中Sさんです。


---------------------------------------------------------------------------



それぞれのファンの方、異論はあるとは思いますが
この三人似てるとおもいません?? 上から、
アメリカ生まれ王力宏 
ブルネイ出身飛輪海の呉尊
チベット族の蒲巴甲

一番下の彼、蒲巴甲
中国大陸で ずいぶん盛り上がってた
男性スター発掘オーディション番組【加油、好男児】の 
2006年のグランプリを受賞、芸能界デビューの新人タレント。
チベット少数民族で 精悍な顔、引き締まったボディ ダンスもまずまず 
少年時代広い草原で 歌いながら羊を追っていたので なかなかの美声

先日 友人wulongちゃんから
「蒲巴甲主演の映画『喜瑪拉雅王子(邦題:ヒマラヤ王子)』
新宿で開催されてる「中国☆上海映画祭」で上映されるよ~!
来日してる本人が 舞台挨拶もするよ~!」
・・と教えてもらいました。
3人の王子の中で 生で会ったことがあるのは 力宏だけ・・
今 大陸で大人気の彼が 日本に来てる、、と思ったら
むくむく興味が湧いてきましたのよ。
で、明日行ってくる事にしましたー。
(中国芸人に興味のない家族は置き去り、ごめんね)
でも 1人参戦は寂しいな、と思ってたら、fuimeiちゃんが
一緒に行ってくれるって!彼女、素敵な応援うちわも作ってくれました。
久しぶりに映画館、オマケに舞台挨拶付き、楽しみですわー

うちわ製作←fuimei製作中・・・


ということで、明日、中国☆上海映画祭に行ってまいります。
これを機会に、「加油、好男児!」もよろしくね。

テーマ:(´-ω-`) フゥ… - ジャンル:日記

23 : 39 : 35 | 好男児と超女 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

HOOTERS探検記

HOOTERSって聞いたことありますでしょうか?
フーターズ。
一度行ってみたいな~と思っていた
アメリカのファミレスです。
Hooters.com
ホームページはコチラ。
その、上海店。
上海館【食】HOOTERS
オジサンたちの話題のレストラン。
うちのダーも行ったことあります。

雰囲気はとても明るく、
メニューもあくまでアメリカのファミレスメニュー。
中身はビールとチキンとハンバーガーがメイン。

なぜ、そこに行こうと思ったか?というと
ウェイトレスのオネーちゃんたちは
みんな爆乳で白い透けそうに薄いタンクトップに
オレンジ色のお尻がやっと隠れるくらいのホットパンツ。
スケベなオジサンの行く所というイメージもあるけれど、
明るい雰囲気、家族連れもOKと聞いたから。
オジサン族が好きならおばさんならどうかしら・・・と思い、
友人誘って行ってまいりました。


最初に「フーターズ行こう?」と友人Aに誘ったら
あっさり「なんで?」と断られましたが、
その後、友人Bを誘うと、「行こう」という事になりました。
みんなのダーリン(ご主人様)が行く所、
妻が行って何が悪い???(笑)
結局、友人Aも含めて4人でレッツゴー。(←古いっ)

まず店へ入ると、
身長170センチの私も見上げるような、
背の高くて、足が長くて、しかも巨乳のお姉さんが案内してくれました。
そして、おばはん4人は周囲を見渡しながら席に着きました。
257498742_247.jpg


私たちの席の担当の女の子は、ぽっちゃり系のかわいい女の子、アリスちゃん。
満面の笑みが素敵な大学生さんでした。

20061212220233.jpg

彼女は英語と、少しだけ勉強した簡単な日本語で
私たちを接客。
すご===くかわいくて、
注文だって、ついついたくさんしてしまいたくなっちゃうほど。
こりゃ、世の中の男性はここへ来たい気持ちになるわよね。

イイトシのオバサン連中でも、
当たり障りのない、楽しい会話で
かな~~~り楽しい気分にさせてくれたアリスちゃん。
本当に可愛くて、
あとから合流予定だったけど、時間的に無理そうになっていたQちゃんにも、
「とっても楽しい所だから、早く来て~~!」と催促するほど。


257498742_82.jpg

ビールにハンバーガーという、アメリカーンな食事でしたけど
とってもとっても楽しかったです。

男性客の中には一人で来ている人もいたりするのですが、
ウエイトレスの女の子は、
そういう客にも、何度も話かけていて、
男性客はもちろん鼻の下を伸ばしてましたわ。
でも、その気持ち、わかるわ~~。


ウエイトレスの子たちは、
ほとんどが大学生さんらしく、
英語を勉強中。
バイト代が高いわけではないけれど、
タンクトップ+ホットパンツで働いているのは、
お金を稼ぎながら、ナマの英語を話す機会があるから。(多分)
お客さんの多くは、外人さん。
で、英語スピーカーばかり。
ということは、実践しながら、中国にいて英語が学べるということ。
だから、お色気タップリの制服を着ている女の子でも、
お金がないから働くんじゃなさそう。
学暦の高い子が多くて、話す話題も健康的でかわいい。

私たちだって、カタコトの日本語と英語と中国語を使って、
チャンポンで話してました。
一生懸命日本語を使おうとするアリスちゃんは、
と~~~~ってもかわいかったですよ。


後日談ですが、
このアリスちゃん、
この日のうちの一人の友人が乗ったタクシーの
ヘッドレストにあるフーターズの広告に、
しっかりお姿があったとか。
フーターズの看板娘だったのかもね~♪

アリスちゃん、楽しい時間をありがとう!
オジサンじゃなくても、
オバサンでも、HOOTERSは楽しい場所でした。




〈写真は全てwulong撮影〉
11 : 01 : 45 | 気になる上海 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

戚偉易が募金したお金の価値。

日本に帰国してから、
やっと「深情密碼~silence」を見ています。
上海でもテレビ放映されていたんだけど、
毎日2話放送の壁に阻まれ断念。
上海では録画昨日を持つハードを持ってませんでしたから・・・。


で、ちょっと気が付いたことを。
先週放送分の9話。

病に侵されたと知る戚偉易が街を彷徨い、
街頭でお金を寄付するシーン。
中国元のお金の価値を知らない人でも
大金を寄付したんだな~ということはわかったと思います。

あの時のお金、白い帯が付いていましたので、
一般的には銀行でもらう、まとまった単位で束ねてある束だと考えられます。
だとしたら、あれは一万元。(人民元)
日本円換算すると、15万円ですが、
きっと中国人の感覚では日本人で言う100万円くらいに感じるはず。
そりゃ、寄付箱持ってたオバチャンもビックリしますよね。



青島の物価は知らないのですが、
中国の給料って地域によってものすごく違います。
上海でも、都市部と郊外、上海周辺の市では賃金の格差は大きいです。
そして、学歴に寄って大きく格差は生まれます。



最近人気の出てきた大陸の新人スターが、
「ボクは以前上海に出てきた頃、給料300元だった。」と言ってました。
お金の感覚としては、
上海の道端でお昼になると売っているお弁当が5元程度。
(日本なら、ほか弁500円相当)
一日弁当2個食べるだけで、給料はなくなってしまう計算なので、
かなり貧しい生活ですね。

その反面、
お金持ちはハンパじゃなくお金持ち。


貧しい人も多いけれど、
富裕層も多い、それが中国の都会だと思います。



11 : 01 : 00 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

デジタル生活送ってますか?

日本に帰国してからは
友人もなく、テレビがお友達な日々を送っています。

上海にいる間、映画DVDばかり見ているうちに
ドラマというものを見ていると
展開が遅いな~なんて思ったりもします。
そのくせ、映画見てると
展開が速すぎてなかなか理解しきれなかったりするんですけどね。

帰国後に買った唯一の大型家電がテレビ。
50型っちゅーやつになりました。
2年の間に、地上デジタル放送というのにもなって、
まー、その素晴らしい映像と言ったら!!!
中国のおぞい(注1)テレビに慣れていた私にはカルチャーショック。
いつの間にかDVDレコーダーも進化していてビックリ。

浦島花子オバチャンは日夜デジタル家電と戦っております。
2年間日本にいなかった間に
デジタルの世界は確実に進歩していたことを実感中。





注1:「おぞい」
   方言で「良くない」こと。
   
20 : 20 : 06 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。