スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

一年の総括

一年を振り返って。

2月のレスリーキー写真展・墨攻映画鑑賞から始まった今年のお出かけ。
4月に仔仔社長の入社式に参加し
4月張學友さん演唱会@日本に心躍らせながらも
5月ヴァネの演唱会参加の為に泣く泣く上京を断念。
  うーーーー、今思っても悔しいなあ・・・
7月のヴァネ演唱会では懐かしいメンバーとの再会がたっくさんありました。
  もちろん、初めましての方とも出会いがありました。
  「傷城」も上京のときに見ました。
8月、アーロン名古屋ファンミに行くつもりでいたけど、家族の夏休み中のため断念。
9月には初めてレスリーの映画2本を大阪で鑑賞させていただきました。
11月、映画「呉清源」を見たのがお出かけ最後かな。


今年は、サミュエル周さんのファンになった年でもありました。
これからサミュ周さんのことはもっと知りたいな~。






来年はどんな年になるのでしょうか。
もうちょっとお出かけしたいな~。
続きを読む
スポンサーサイト
13 : 39 : 18 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

上海「紀念張國榮群星演唱会」

よろめきーずのつぼさんに教えてもらっていたサイトを見てたら
張学友、成龍、莫文蔚、周杰倫出演の
「紀念張國榮群星演唱会」というのを見つけました。



纪念张国荣-群星演唱会-永乐票务,订票,门票-演唱会 纪念张国荣-群星演唱会
http://sh.228.com.cn/Product3921.html


うーーーーーーー。
上海八万人体育場で開催されるようですが・・・
このメンバーだもの、行きたいわぁ・・。


15 : 45 : 21 | 張國榮 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

よろめき活動報告:周杰倫上海演唱会『イテテ、よろよろ編』

よろめき全開の周杰倫コンサレポ、まだまだ続きます。

前回に引き続き、ネタバレ満載ですので
ネタバレの嫌いな方は読まないでくださいね。


『イテテ、よろよろ編』ですよーーー。

---------------------------------


さてさて、まだまだ続きますよー、長文でーす。


周杰倫上海演唱会

周杰倫上海演唱会

衣装を変えて、
『本草網目』
このダンスが、ものすごい上手で、ほんとにびっくり。
Jayじゃないかと思った(笑)
いつの間に練習しちゃってるんだ。
途中、びよーんって音のとこで、中国コマを披露。
台北の時は、ピンクだったのに、白になってた。
女性の二胡演奏があり、
『千里之外』
『菊花台』
ザ・中華曲。
周りも大合唱。

ここで、ゲスト第二弾、Jayの大親友ガンホン(劉畊宏)登場!!!
仔迷のみなさん、杉浦先輩ですよっ!!!
おもむろに椅子に座りだす私達(笑)
結構、疲れるの、椅子の上に立つって。
でも、ちゃーんとご自慢の身体を、ご披露して、
会場もヒートアップ。
RAPな感じの歌を2,3曲歌って(曲数すら不明でゴメン)、
『彩虹天堂』
これ、いい曲なんですよー。
MVをJayが監督、Jayの『楓』のMVとつながってて、面白い。
Jay作曲だと思ったら、ガンホンの作品だった、
度重なる無礼、ごめんね、ガンホン。
新婚なのに、お疲れ様(←いちお、ねぎらってみる 笑)

んで、次は『楓』かと思いきや、
『彩虹』
今度はギター弾き語りだよー。
きゅい~ん。
やっとこデコ全開を解除。
ホッとしてたら、前髪がえらい紫色だった(驚)
その色の入れ方、おかしくないですか、周さん??
『淘汰』
いーそんへ提供したこの曲。
大好きだーっ、もちろん大合唱の巻。
『開不了口』
歌う前にJayが「はいふーりゃお」って曲紹介したので、
(←この程度のヒアリング能力です、はい)
何の曲じゃ??と思ってたら、この曲でびっくり。
もう嬉しくて嬉しくてー。
隣にいた中国人の女の子が、身体折り曲げながら、
「好歌ーーーーっ」(←多分)と絶叫してた。
思いっきりうなずく私。
『甜甜的』
ここですよ、ここですよ、地獄の蛍光棒投げ。
wulongさんに聞いて Jayが投げろと言ったってのを、
初めて知ったんだけどー。
しかも、Jay本人が投げてるしー(怒)

証拠動画はここ↓
http://www.tudou.com/programs/view/T_yFniUd1pc/

上から後ろから、矢のように蛍光棒が降ってくる。
一瞬、「黄金甲」の戦闘シーンかと思ったよ。
私は、足と肩に直撃。
まぢでイテテ。
あまりの恐怖に、私とじんじんさん、一旦椅子から降りる。
こんな大盛り上がりの時にーーーーっ(悔)
なんだかあっとゆー間に終了。

そして、もちろんアンコール。
なんと、いつものドラマーさん(←結構好き)の次に、
Jayまでドラマーとして登場!!!!
あーた、ドラムまでたしなまれるのね、
まったくまったく、憎いあんちくしょうだわ。
『陽光宅男』

これだけ??と思ったら、またアンコール。
次はね、次はね、
古琴だよ、古琴弾き語り(って言うのかなー??)で、
『髪如雪』
ふつーですら、ハートわしづかみなこの曲なのに、
古琴ですよ、
まいっちんぐー(←崩壊中)
そーいえば、『菊花台』のMVで弾いてたね、
経験を無駄にしない男、周杰倫。
んで、ここから、ひっちゃかめっちゃか、
『霍元甲』
『雙截棍』
ふぉーふぉーふぉー だの
ふーふーはーひー だのって大忙しですよ、奥さん。
もう、この二曲を絶叫できて、興奮MAX。
蛍光棒は当たりたくないけど、Jayの投げるヌンチャクには
ぜひ当たりたいと、心底思った(笑)
あー、よろよろすぎー。

そーしてコンサは終わり。
やっぱりアリーナは最高!!!!
周りのお客さんが、みーんなJayを大好きな感じが
たまらなかった。前の席の、若くてでかい兄ちゃん2人組なんて、
自分のコンサみたいだったし(苦笑)
後ろの女の子達も、絶叫につぐ絶叫。
しかもネイティブだから、歌うたってても、
めちゃうまいし(←当たり前だ)。
もう、あの場にいた誰もが、大満足だったんじゃーないでしょうか。
台北に参戦した人のブログを読んでたら、
曲と曲の合間が長い(ダンスとか)って
あったけど、それもかなり短縮されてて、
すごくテンポのいいステージでした。
昔の曲も増えてたし。
お疲れ、Jay。
まだまだこの先、香港、LA、シンガポール、東京、マレーシアと
続きます。
どんどん変わっていく気がします、
まだまだ目が離せそうにありません。
また楽しませてくれそうだなー、ウフフン。

これで私のJayコンサシリーズ日記は終わりです。
あー、楽しかった(←はげしく自己満足)
かなりの読者さんが、ホッとしている事でしょう(笑)
読んでいただき、ありがとでしたー。







ふーふーはーひー言って叫んで歌っているつぼさん、楽しそうです~~♪

レポありがとうございました。

私もと~~~っても楽しくなりましたよ~~!!

あんまり喉の調子が良くなかったJayさんでしたけれど、観客の心はしっかり掴んだようです。
上海八万人体育場の良いところは
会場全体が歌を叫ぶ事。本当に盛り上がります。
反面、その観客が投げる蛍光棒は見るのにはキレイでいいのですが
とっても危険。
「蛍光棒投げはすっげぇ危険なんですよっ!」
と叫びたいくらい、危険なんです。
前方にいると、後方から投げてくる蛍光棒が後頭部に直撃することもしばしば。
本当に危ないのにぃ・・・・なのに・・・・なのに・・・・・
Jayさんったら、観客に向かって「蛍光棒なげろ」だなんて言ったのですね。
ちょっとそれは止めてくださいよぉ~~。危ないんですから。
「投げろ」と言うからには「安全帽(ヘルメット)持って参加しろ」と言って欲しいくらい。
う~~ん。Jayさん、頼みますよ。


まあ、ファンとしては、盛り上がったコンサートに参加したということでOKってことでしょうけどね。


とまれ、つぼさんのヨロヨロよろめきっぷりが
よ~くわかったレポをいただけて、私は嬉しいです。(嬉・涙)



00 : 00 : 00 | JAY周傑倫 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

よろめき活動報告:周杰倫上海演唱会『クラクラ編』

もう演唱会が終わってから1ヶ月にもなるのですが
周杰倫上海演唱会の様子をよろめきーずのつぼさんにレポしてもらいました。

楽しいレポです。
ネタバレ多数あります。
周杰倫の日本でのコンサートが終わるまでネタバレは見たくないという方にはお勧めできませんのでご了承くださいませ。
つぼさんの感動と興奮が伝わってくるレポを2回に分けてお送りします。


今回は『クラクラ編』です。




周杰倫上海演唱会


今回一緒に大盛り上がりで、
あんななっちゃってこんななっちゃったメンバー、
お友達2名とよろめきーずのwulongさん、ひろさん私の全部で5名。

開演前にしっかりと、牛仔帽(テンガロンハット)を購入。
周りの目なんか、全く気にならない、日本人主婦達(笑)。
周杰倫上海演唱会よろめきーず牛仔帽


家を出る前に、かなりバタバタしたので、会場に入るなり、
用意しておいたラスクを貪り食べ、開演前の準備。
席は、初めてのアリーナ席、16列目。

15分遅れくらいで開始。
舞台上の照明??が下から上に動きながら、火花をあげて、
嫌がおうにも高まる興奮。
椅子の上に立とうと、もたもたしつつ、
気付いたら、豪華バージョン茄子Jayがそこにいた。
『黄金甲』
あぁ、かっこいー、かっこよすぎるよー。
息子の晴れ舞台を見つめる母の心境。
舞台横のスクリーンに映し出されたJayは、相変わらずの
腫れぼったい目元、そしてちっこいおメメ。
んで、デコ全開!!!
『無双』
最後の高音部分、ばっちり聴かせていただきやしたー。
すてきんぐ。
『最後的戦役』
予想外な曲がきて、びっくり、
そして、うれすぃ~
開演直前に、今回のゲスト、「南拳」と「ガンホン」と聞いていたので、
もうガンホン登場かと、あせる。
(MVで、一緒に出てたから)
『不能説的秘密』
私達側のステージで歌ってくれる。
大熱唱の巻(←私が 笑)
つか、周りの人も熱唱すぎて、Jayの声、よく聴こえず...
『退後』
これがまた、元のメロディ、全然かんけーなく、別メロディで
ガンガン歌ってくれた。
いっその事、もう一曲作ったらどーですかね、周さん(笑)
ほとばしる才能に、じーん。
この時点で、もうアップアップな私。

ここで、オーケストラ演奏で、サントラの曲。
Jayお着替えタイム。
んで、下から、ピアノとJay登場。
もう弾き語りかよーっ、いやーん。
『黒色幽獣』
やってくれるんですか、これをっ!!!!!!!
まさかナマで聴けるとは思わなかったのでー、
激しく激しく感動。
『最長的電影』
今回のアルバムの中で、この曲の歌詞の「我忘了吧」の
「らばー」って部分が、かなりツボだった私にとって、
ナマは、悩殺一秒って感じ。
『安静』
まさかこの曲までー。
もう、弾き語りまくるJayの姿に、幽体分離して、
Jayの隣に座ってる気分の私(笑)
『白色風車』
怒涛の弾き語りの次だったため、あまり記憶なし(苦笑)

ここで、宇豪と、やってくれましたよー、ピアノ対決、
きゃーっ、
もっともっと見てたーいっ!!
『麦芽糖』
うちらからは遠い方のステージだったので、よく見えず。
ピンクチェックの可愛い衣装。
セットも可愛い。
『牛仔很忙』
そのままの衣装だったのが、残念。
「不用麻煩了」の部分は、ノリノリで手をクルクル。
『聴媽媽的話』
台北の時と同じく、ちゃーんと出ました、ゆんふぁおじ様と、
学友さん。
思わず、学友さんの歌を聴いて、
「うめーっ」と漏らしてしまう(笑)

ゲスト第一弾「南拳媽媽」のステージ、2曲(曲名不明)
『夜的第七章』
『夜曲』
『夜上海』
Jayの曲ではなく、多分、古い上海の歌なんだろうと。
ジャジーな感じで、得意げに歌う姿に、大満足。
すんごいかっこよかった。
『迷迭香』
素敵なダンスを披露。女性ダンサーとの絡みが、すごい新鮮。
なんだかすごいぎこちなく見えるんですがー。
踊りの途中途中で、オレ、キマッテルゼ的な口元が、
たまらない。
この表情見れただけで、このコンサ来た甲斐あった(笑)
しかも、ずーっとデコ出し継続中。

ちと、これ書いてたら、えらい興奮してきたので、
休憩します(読んでる方も疲れるよね 笑)。
次は、(イテテ&よろよろ篇)でーす。



--------------------------------------


次回、『イテテ、よろよろ編』、楽しみですね~。

こんなに興奮していながらも、ちゃ~んとJayのことを見てるしメモまで取っているつぼさん。
尊敬いたします。
つぼさんはこの演唱会の前の随分前から落ち着かなかったみたい(笑)
正真正銘の真的Jay迷さんのレポ。さすがですわ。


次回は、上海でしかありえんだろ、こんなのーーーっなレポになりますのでお楽しみに。




よろめき活動報告

00 : 00 : 00 | JAY周傑倫 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

上海便り:飛輪海の3+2オマケ編

上海wulongさんより素敵な(?)画像を見せてもらいました♪

上海で購入した3+2クラッカーに謎のオマケがついていたようです。
3パック入りとのこと。
しっかりしたクラッカー3枚の間にバター(たぶん)がサンドしてある、ヘビーなクラッカーです。
何種類も味があるのですが、今回は「こってりバター味」にオマケがついていたそう。

飛輪海3+2オマケ付き



オマケは、缶をまわすと蓋が閉まる、しょぼいもの。(wulongさん談・笑)
飛輪海3+2オマケ付き

飛輪海3+2オマケ付き


『飴とか入れろってこと!?』(再びwulongさん談)

ま、中国のお菓子のオマケっちゅーことで気を静めていただきましょうね。

とはいえ、オマケはオマケ。レア度を考えると欲しくなっちゃうんだなー、これが。



wulongさん、また素敵なお菓子やオマケの紹介よろしくね~。



00 : 08 : 45 | 飛輪海 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

レスリー・チャン コレクティブ・メモリーズ

もにかるさんのブログにて教えていただきました。
もにかるさんが翻訳を担当されているそうです。
とても楽しみです。


レスリー・チャン コレクティブ・メモリーズ
レスリー・チャン コレクティブ・メモリーズレスリー・チャン コレクティブ・メモリーズ
(2008/04/01)
レスリー・チャン

商品詳細を見る


これは注文しなくては。




そして、今さらですが、これも欲しい。
レスリー フォーエバー(DVD付)レスリー フォーエバー(DVD付)
(2007/10/17)
レスリー・チャン

商品詳細を見る

我が家にサンタさんが来てくれるかなあ・・・・




14 : 23 : 28 | 張國榮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

あったかい気持ちになりました。

もう帰国してから1ヶ月くらいになりますが・・・・

ダーの会社に中国人研修生が3人来てました。
1年間の研修でした。
みんな24歳、男の子2人、女の子1人。
一年の間に、初詣に行ったり、買い物をしたり、夏祭りを楽しんだり、バーべキューをしたり。
私たちも中国や台湾に住んでいる時には、現地会社の方に色々お世話になってきたし
日本に来た方にはできるだけ楽しんで欲しいという気持ちで接してきました。

そのうち、エンちゃん(女の子)とはかなり仲良くなりましたわ。
私としては、中国語が上達したいし、エンちゃんは日本語がうまくなりたいし。
お話をするのに、私はなるべく中国語を心がけてしゃべっていたので(大抵はチャンポンでしたが)
エンちゃんは最初の2ヶ月以降、あんまり日本語が上手になりませんでした。(汗)
やはり、語学というのは、全く自分の母国語を話してくれない人との会話の方が上達するものですね。
語学を相互で教えあう、というのは良く聞く話ですが、
そういう時にレベルアップするのはモトモト実力が上だった方しか上達しないものです。(笑)

ま、語学の話はおいておいて・・・・
研修生3人が、嬉しい事に帰国前の休日に私たち家族を食事に招いてくれました。

手作り中華料理


この料理、男性も女性も分担して何品かずつ作ったそうです。
ここだけのハナシ、男性の作った料理の方がおいしかった・・・・(笑)
中国の男性は料理も家事もなんでもするということを良く聞きますが
実際に、男性もちゃーんと料理ができることを確認しました♪

こうやって、心をこめた手料理で招いてくれるというのは
とっても嬉しいことでした。
本当に、「心」を感じました。
感謝の気持ちがなかったら出来る事ではありませんものね。
少ない研修手当ての中から、お土産を買ったり電化製品を買ったり
食費も切り詰めていたと思うのに、
こうやって、ホンマモンのビールやワインを用意してくれて、ご馳走も10品以上用意してくれて。
涙が出るくらい嬉しかったです。
きっとあの子たちは、暖かい家庭に育ったんだろうな・・・・
両親も素敵なお子さんたちを育てたものだわ・・・・と
おばさんとしては思ってしまいました。
私の子供達も、お世話になった人には心をこめて感謝の気持ちを伝える、ということを覚えて欲しいと思った私でした。


00 : 00 : 00 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

よろめき活動報告:投名状イリマチ:つぼさん編

上海よろめき報告、第二弾はつぼさんです。
つぼさんレポも雰囲気が伝わるレポですよん。
金城くんファンの方も、劉徳華ファンの方も必見。
最初に「かねしろくーん」と叫んだのはつぼさんですが
それをきっかけに他の2人も叫ぶ事が出来たとか。
やっぱり声掛けは重要なのですねえ。

それでは、つぼさんレポもどうぞ。






12月7日19:20頃、上海港hui広場 永華電影城、
それはそれは美しい人たちが、私の目の前を通り過ぎた。

そう、それは『金城武』くん。
私の愛してやまない香港映画『重慶森林/恋する惑星』に出演。
流暢に話す日本語に驚きつつ、
中華に目を向けさせてくれた。
私は彼の短髪が好きなので、ちょっと長い髪だったのが残念。

そして、一ヶ月ちょっと前、上海八万人体育場のステージ上で
私達を酔わせてくれた大御所『劉華/アンディラウ』。
「あんでぃーーーーーっ」と叫んだよろめきーず3名を、
振り返ってガン見してくれた。
もう、それだけで充分。
近くで見るあんでぃは、ほんとに小さくて、細い。
でも周りには、ものすごいオーラ。
こんな鈍感な私でも感じたくらいだから、相当なもん。
明らかに周りを取り囲んでいた、お兄さん達(含:私達 笑)とは、
異なる人種。
そう、これがスター。

なにかっつーと、映画『投名状』の見面会が、昨日の夜、
行われました。
うちは、平日夜、チビ達がいるので、映画を見てから
見面会だと、絶対無理なので、あきらめていました。
が、
よろめきーずの他メンバーさんが、見面会に参加するのではなく、
劇場に入るところを見るとゆーので、見れたらラッキーくらいな
気持ちで、チビ達と一緒に同行する事に。
多分、この辺にいれば来るだろーと待機。
人影もまばら、立ち入り禁止区域も無し。
こんなユルユルな感じで、果たして来るのだろーかとゆー思いが
むくむく。
そしたら、ほんとにユルユルの中、やってきました、
ザッザと、異質な集団が。
空気が変わるんです、ほんとに。
トップが金城くん。
色が白かったのが、印象的。
あれっ、そーだよね、そーだよねと、
しどろもどろ。
だって、周りの人が、めっちゃふつーに見てるし。
歓声ひとつ聞こえないわ、一般人の通る通路だわで。
いちお国際派有名スターだったはずかと(笑)
呼びなれないせいか「か、か、かねしろくーん」と、
オドオドしつつ呼んでみると、
サッと視線を流しつつ、目の前のお部屋へ。
その後、あんでぃー登場。
大きなお兄さん達に囲まれてるため、上半身しか見えないけど、
呼び慣れてるため、大声で「あんでぃーっ」と叫んだら、
振り返って見てくれましたー。
嬉しくって、チビ達がやっていたように、その場でゴロゴロ
のたうちまわりたいくらい(←ちなみに下は、絨毯敷き)、
子供っていいなぁ(笑)
でも、あまりにも周囲にいた人が、きゃーきゃー言ったり、
叫んだりしないのが、びっくり。
思いっきり笑われてましたもんね、うちら(笑)
熱い迷達は、別会場に行っていたため、ユルユルだったよう。
こんなわけで、写真は撮ってません、
全神経集中させて、私の目に焼き付けてきました。
誰か冷静な人を同行させなければ無理ですね、撮影は。
後半になって、いきなり警備が厳しくなってきました。
最初から厳しくしなくては、あまり意味がないのでは...(笑)
ま、そのお陰で、かなりの至近距離で見れたんですが。
日本では考えられません、ホント。
上海にいて、よかったー。






ちびちゃん連れでも安全にイリマチできる上海って本当に素敵ですね~!

美しい金城くんに、美しい華仔さんを見れる上海も本当に素敵。
私もその場に居たかったわ。

またこんなにゆるゆるの遭遇機会があったらレポお願いしますね~。



上海よろめきーずは明日は「投名状」映画鑑賞会とか。
うーん、皆様がちゃんと理解できる映画でありますように。
また、感想お待ちしていますよ>上海よろめきーずサマ




よろめき活動報告
00 : 00 : 00 | 張學友 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

よろめき活動報告:投名状イリマチ・びわさん編

先日12月7日、上海で映画「投名状」の舞台挨拶が行われました。
場所はよろめきーずがよく出入りしているシネコンです。
以前、ヴァネ「猛龍」舞台挨拶があった場所。そのときのレポはコチラ
その見面会があった時に特攻してくれたちぅちゃんのレポはコチラ
そのちぅちゃんの経験をもとにして、上海よろめきーずは今回の「投名状」舞台挨拶に臨んだのです。
参加されたのは、びわさん、つぼさん、wulongさんの三人。(+小さな同行者2人)

今回はよろめきーずの中でのレポは初めての びわさんのレポを公開させていただきます。
びわさんは、日本では有数の潘瑋柏ファン。
ウイルへの愛は目を見張るものがあります。
そのほかは中華の女子明星&胡彦斌ファンでもいらっしゃいます。
では楽しんでくださいね~、なかなかゆるゆるで楽しいレポですよ~♪





投名状ポスター

先日は今後に役立つかも?ということで映画の舞台挨拶にやってくるスターを観察してきました。
映画タイトルは「投名状」です。公式サイト→http://www.warlordsthemovie.com/

やってくるスターは劉徳華(アンディ・ラウ)、金城武、徐静蕾の3人。
上海での舞台挨拶は2箇所で行われ、19時からと20時からの予定。
20時からの舞台挨拶は上記3人に監督の陳可辛(ピーター・チャン)と李連杰(ジェット・リー)も参加の模様。
こちらの大規模舞台挨拶には目もくれず、19時から3人だけやってくる小規模舞台挨拶に狙いを定めました。

だってさ、どっちにしてもチケット持ってないし入場できないの。
だから会場にやってくる姿を見てみよう!と入り待ちを体験してみることにしたのです。

正直な話、アンディも武も徐さんもほとんど興味ないし(それでも行くのはなぜ?)。
あえていうなら、武が妹のダンナに本当に似ているかちょっと確認に・・・。
というわけで、小規模舞台挨拶が行われる映画館(シネコンです)に行き、なんの警備体制もない会見場周辺をチェック。
裏口っぽいところなどをチェックしていると、変な部屋発見。ガラスの扉で丸見えのその部屋にはソファーセットと「投名状」のポスターとミネラルウォーター。ただし、そのガラスの扉にはカーテンが付いていて、今はあいているから見えるが、シャットアウト可能。
うむ、ここに来るに違いない。とほぼ確信。
というか、こんなとこまで進入できるって一体どういうことだい。
だいたい、映画館の入場口にはチケットもぎりがいるが、出口には立ち入り禁止の看板も何もないのでそこから入ることも可能。
みんな普通に行き来してるようだし・・・。なんだこの自由なシネコン。

とまぁそんな感じで1時間ほどその小部屋を張っているうちに、ほんの数名だけど同じ目的をもってると思われる人間が集ってきた。
カメラマンや取材風の人も到着しはじめ、いくら興味のないスターとは言え、ちょっと緊張してきた。
同行者はアンディを狙う感じなので、私は金城武にしとこうと決める。しかし、私の中での金城武はそのまま「金城武」であり「金城~!」でも「武~!」でもない。ましてや中国語で呼びかけるのもおかしいし。
一体、日本のファンたちは彼のことをどうよんでいるのか?今さら調べることもできない・・・。
ウィルだったら「瑋柏~~~!」と張り切って言えるが「タケシ~!」はちょっと・・・むり。
と、そうこうしてるうちに19時はとっくに過ぎた。
遅い。どっから来るんだ?もしかしたらこの場所は見当違い?などと思って集中力を失いはじめたその時、同行者が叫んだ!
「金城くーん!」
え?ど、どこに金城武が?と思う間もなく、目の前を数名のボディーガードとともに歩いていく金城武。
しかも手薄な警備体制にまったくかわりなし。どうやら普通に一般人の通路からやって来た様子。どんな会場入りだよ。
彼との距離は2mなかったな。
恥ずかしながら、一目見てかっこいいと胸に刻み込まれたので「金城くーん!」と私も大声で4,5回叫びました。
渋い顔で振り向いた彼は、あの秘密の小部屋へと入っていったのであります。しかしまぁ「金城くん」ってなんだよ・・・・・・・。

そしてそれから数十秒後、アンディがまた手薄な警備のままボディーガードとともに歩いてきます。
今度は私も最初っから「アンディー!」とか言っちゃったりなんかしてね。
最初素通りしかけたアンディは3回目くらいの「アンディー!」で、バシッと振り返りこちらに首を固定し、声の主をしっかりみつめ「受け止めた」みたいなビームを出して、秘密の小部屋へ入っていきました。
ということで同行者と私、全員がアンディに受け止められました。スターはすげーな。

徐さんは割愛します(だってうつむいてて顔ぜんぜん見えなかった)。

今回はこれまでのイベント参加体験と比べるとかなりお得感にあふれていました。
シネコンなので屋内の空調が行き届いた空間でラクラク待機でき、なぜか控え室の目の前に陣取っていても怒られず、うすーい警備の中、至近距離で一瞬とはいえ、スターを見たのですから(だから何だっつー話?)。それにしても、常時ゆる~い空気が漂っていました。
ウィルの簽唱會ってそれを思うと修行のようです。


どうせならジェット・リーも見たかったなー。
ちなみに武は妹のダンナに似てるかどうか判別するほどの時間はありませんでした。
が、こちらのポスターの武、やっぱり妹のダンナに似てると思う。似てはいますが「かっこいい武」とは次元が違うことをお伝えしておきます。





金城くんのことをどうやって呼ぶのかがとても気になった様子のよろめきーず。
結局「金城くん」と呼んだようですね。
よろめきーずには「たけちゃ~ん」と呼ぶことが出来ない理由があるので
これからも呼ぶときは「金城くん」になるのでしょうか。

それにしても、劉徳華さんはすごいビームのようですねえ・・・
私も死ぬまでに(←大げさ)一度ビームを浴びてみたいですわ。
wulongさんは、そんな劉徳華さんのことをスーパーアイドルサイボーグと名づけてましたよん。
うん、なかなかピタっとくる言い方だわ~~。
接近時、明星さんたちとの距離はわずか2メートル。ホント、羨ましいです。

いろんな食品の偽装やニセモノ販売は簡便してほしいけれど
こういうゆるゆるの明星管理は中国の良さだな、と痛感しました。




よろめき活動報告
10 : 19 : 34 | 劉徳華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

中国の干支と日本の干支のお話。


先月、上海にいた頃のダーの同僚中国人数名が日本に出張してきました。
出張・・と言っても半分は観光かもしれない出張ですが。
そのうちの一日をダーが京都観光に連れて行き、その後我が家で請客をしました。
中国人たちは京都観光をたいそう喜んだそう。
11月3日、晴天にも恵まれ、
今の時期は 「七五三」の時期というのも重なり
京都の街には 晴れ着を着た両親と子供がたくさんいて
「日本は普段和服を着ている人がこんなに多いのか?」とびっくりされたとか。

思いがけず和服姿をたくさん見れたのも喜んでもらえた一因だったようです。


京都で観光を一日楽しんだあと、我が家に来てもらって夕食を食べました。
中国人5名(うち一人は日本語OK)
日本人夫婦2組の賑やかな夕飯になりました。


その時の話題のひとつですが:・・・

年齢や干支の話題になり、
私が西暦○○年のヘビ年だということを言うと、
一人が、私は○○年(私の生まれた年+12)だが巳年ではなく、辰年だと言いました。
そこで私は気が付いた!
中華圏では旧暦を重要視していて旧暦や数え年を使うことが多いのですが、
ご多分にもれず、干支も旧暦でしか使わないことに気が付いてしまいました。

そうすると・・・
日頃、私は、ジェリーさんと干支と血液型が同じ、と言い張っていましたが(笑)
ジェリーさんの誕生日は陽暦でいう、1月1日。
絶対に旧暦のお正月の日であるはずがないことに気が付いてしまったのです。
ああ~~~、ジェリーさんは、辰年の男だったわけなのです~~~(泣)
ということは。
KENちゃんの場合だと、干支はどーなるんだ。
KENちゃんの生まれた年の春節が判明しないと、KENちゃんの干支もわからないっ。

ああ~~、むずかしいですねえ・・・・



とにかく、私とジェリーの共通するプロフィールは
血液型のみになってしまいました。(悲)

がっくり。

私の干支とジェリーの干支が違ってても
別に誰にも迷惑もかけないし、なんでもないことだとはわかっているのですが
私の心の中で「ジェリーと血液型と干支が同じ」というのは重大事項だったのです。

ま、そんな悲しみなんてどうでもいいことなんですが。





------------------


【お知らせ】

こんなに更新滞っているブログなのですが
新しくリンクが増えました。
よろしくね。


重箱の隅。
http://blog.goo.ne.jp/chocola-jj

柱の陰より・・・。
http://blog.goo.ne.jp/chocola-zz







17 : 32 : 03 | イロイロ。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

よろめき活動報告@上海火鍋の巻

最近、上海よろめきーずの様子をお伝えしていませんでした。
ええ、私がさぼっていただけで上海よろめきーずは元気にヨロヨロよろめいているんです。
書いてませんでしたが、
上海でのJAYコンサ、劉徳華コンサなどなど参加していますし
映画「色・戒」も鑑賞済み。
よろめき活動報告リクエストも受け付けていますよん。

それでは一番最近のよろめき活動報告をwulongさんレポで載せます~~。

----------------------------



だんだん寒くなってきましたので、上海よろめきーずで
火鍋を食べに行きました。
台湾からきたという「鍋比盆大」というこのお店、
単価はちょっと高めですが、カレー火鍋が一番のおすすめ。
カレー味のスープがめちゃうまですの♪
カレーライスが大好きなくせに、辛すぎるのが苦手な私でもOKな
このスープ、ついついあとをひく癖になるお味。
火鍋
ある程度の具は最初から入ってます。

前日に、鍋焼きうどんで食あたりしたという情けない胃腸の為、
カレー味とフカヒレスープ味の2つにしてもらいました。
真ん中で仕切ってるけど、カレーの方だけ激しく煮え立って隣を侵食し、
だんだん味が混じってきたけど、それもまた美味し。
最初にスープの味を選び、適当に具も選びます。
上海に来てから、お鍋にれんこん入れるようになりました。
輪切りでシャキシャキしてGOODです。


このお店、上海にも何店舗かあるのだけど、わざわざここに来たのは
明星サイン柱があるからなんです。
ここにきた明星さんたちがサインしていくんですって。
サインとともに漢字名を書いてくれてる方が多くて助かりますわ。
判明できたのは、陶パパ、胡軍、チェン・クン、チェン・ボーリン、
ジェイシー・チェン、阿牛(牛のイラスト付き)、黄暁明・・・
まだあったと思うけど、忘れた。
店内には写真もいくつかあったけど、チャン・イーモウしかわからず。
サインも見たから、次は家に近い支店でいいや。
カリーナ・ラウ、サンドラ・ン セシリア・チャンカリーナ・ラウ サンドラ・ン セシリア・チャン

ジェイシー、黄暁明ジェイシー、黄暁明

阿牛はかわいい牛付き阿牛

チェン・クン 胡軍チェン・クン、胡軍

陶パパ陶パパ

陶陶

チャン・イーモウは写真もありました張芸謀


今回は華仔迷さんともご一緒したんだけど、肝心のアンディの
サインがなくて申し訳なかったです・・・
店に来てるのは確かなのに~!



上海ナビの紹介記事
http://www.shanghainavi.com/food/restaurant.php?id=106

上海にいらした時はどうぞお試しくださいませ~♪



--------------------------

写真はクリックするともっと大きな画像になります。
たっくさんのサインのある柱、皆さんは何人くらいわかりましたか?
見落としているものもたくさんありそうなので探してみてくださいね。
中華明星好きにはサインを見に行くだけでも楽しそうなお店ですが、
その上、おいしいカレー味の鍋だなんて、美味しすぎます。
ぜひぜひ上海にご旅行の際は行ってみてくださいね。


13 : 50 : 24 | おいしい上海 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。