スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

恭喜發財!上海だより「華仔天地」~wulongより~

恭喜發財!
今日は初一(元日)ですね~。



上海から「恭喜發財」と言えばこの方、アンディ・ラウさんのFCの話題をお届けします。
10日ほど前に訪問したそうですよん。
それでは楽しんでくださいね~







「華仔天地」とは、香港の大スター、アンディ・ラウ(劉徳華)の
公式ファンクラブの名前です。
実は、私、2年前からFCに入っておりますの。
会員証と会服(愛を試されるオレンジ色)が来て、バースデーカードと
クリスマスカードが届くので、なかなかいいですよ~。
ファンミではツーショット写真が撮れるそうなので、それが目標(笑)
普段はサイトを見に行くこともなく、全く追っかけてないけど。
(上海関連情報などは中国の携帯に直接お知らせメールが来ます)

去年はWEB上で継続手続きが普通にできたのに、今年はFCサイトが
リニューアルしたせいか、他のページは開くのに、
肝心の会員ページだけが真っ白で全く開かない!
どうしよう~と困っていたところ、大陸初の「華仔天地」事務所が
上海にオープンという情報を発見。
更に、2月には上海開設記念のイベントもあるって!(会員は無料)

「上海事務所にも来てね」とあるので、よろめきーず仲間と
行ってみたら、オフィスビルの7階奥に普通にあったよ。

入り口のドア(光ってなんだかわからないけど「華仔天地」とあり)
1入口



綺麗なお姉さんがひとりいて「どうぞ~」と。
室内は上海コンサのDVDが流れてたり、ポスターがあったり。
2テレビ
3アンデーポスター
4アンデーコレクション
5あんでー看板
6あんでーDVDぽすたー






雑誌ラックには芸能雑誌。
表紙がジェリーとリーホンだったのに運命感じました(違う?)
7上海雑誌



PCもあり、「華仔天地」サイトが、めっちゃスムーズに表示されるのは
さすがです。
8あんでーPC


カレンダー、エコバッグ、傘などなど、アンディグッズもあり。

9あんでーぐっず
アンデーぐっずその2


2007年上海コンサDVDがCD屋で見つからないので、ここで買おうと
思ったら、「上海ではまだ売ってない」ですって。
大陸で売るのは時間かかるのかなー?
グッズも「19日から発売」とタイミング早かったけど、
肝心の会員手続きは申込書を渡すだけで無事終了したので一安心。
会費も人民元で現金でその場で払うことができて、なんて簡単!
2月のファンミ申し込みも3人分済ませました。
(人数オーバーしたら抽選、とあるけど、行けますように)

オープンしてまだ5日のせいか、まだまだ殺風景だけど、
「写真撮っていいですか?」と聞いたら「どうぞ、どうぞ~。
あなたたちも撮ってあげましょうか?」とお姉さんの優しさが
嬉しいよ。お水も出してくれたし。
ぜひ、アンディの等身大の看板でも蝋人形でもおいていただきたいものだ。

地下鉄2号線「南京西路駅」の目の前で、とても便利な場所にあるので、
上海にいらした華仔迷さんは寄ってみてください~。

華仔天地
http://www.awc618.com/
見たい言語をクリックするとトップページに飛びます(音出ます)
前は日本語ページがあったので、そのうちまた出来るはず。








wulongさんありがと~!
華仔のFC事務所へ行ってリーホンとジェリーの雑誌もチェックとは、さすが。(何がだ?笑)

しかし、華仔天地は本当にファンサービスがいいよね~。
今年華仔天地に入会するかどうかはまだ決めてないけど、
以前入っていた頃には、いろんなことで至れり尽くせりで
こういうことをF4のFCやF4個人のFCでもやってくれないかな~と思ったものです。
ま、きっと何年たっても無理だろうと思うけど。
華仔だからこそできるんだよね、きっと。


華仔のコンサDVDはいつも楽しいので、新しく発売されたのも買うつもりです~。
楽しみだわ~!






よろめき活動報告


スポンサーサイト
21 : 45 : 50 | 劉徳華 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

映画「禅ZEN」

ちょっと前に映画「禅ZEN」を見てきました。

禅 ZEN
http://www.zen.sh/


見た理由は2つ。

昨年、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組で
福井県の吉田郡永平寺町を勝村政信さんが訪ねていたのを見ました。
その時「道元禅師を自分の領地に招いた、波多野義重公を映画の中で演じたので、その波多野さんのルーツを探りたい」というものでした。
その番組がすごく良かったこともあって、勝村さんの演じる波多野義重という方を知りたかったのです。


もうひとつの理由は
永平寺という寺を、「道元の開いた禅寺」というくらいの知識しかなかったので、少し知りたくなったから。


主人公の中村勘太郎は、立ち居振る舞いといい姿といい顔といい、道元禅師という人を演じるのにはバッチリなキャスティングだったと思います。
内容も、禅とは何か、道元という人とはどういう人かということを浅すぎず深すぎず描いてありました。内容といい景色といい、終わったあとにはとてもいい余韻を得られる映画でした。


映画の冒頭部分は、宋の時代の中国でのシーン。思ったよりかなり長かったです。
出てくるキャストはALL中国語を話していましたが、どの日本人キャストもかなり中国語を自分の言葉として喋っていたのにはびっくりしました。主役の勘太郎さんは撮影の4か月前から中国語の勉強をしたとネット上で読み納得。丸暗記だけではない生の中国語を話していました。他の日本人出演者も皆さん本当に上手でした。
出演者の中でも重要な役の源公暁役の俳優さんは中国人の寂円役との2役。しかしながら、私が聞く限りは中文も日文もネイティブとしか思えないしゃべりっぷり。あとから調べてみると「テイ龍進鄭龍進)」
というお名前。中国系のトライリンガルさんでした。これまたなかなか良いキャスティングでした。鄭龍進さんって映画「TRY」にも出ていたそうですが全然覚えておりません。今度見直して確認しますわ。顔はイイオトコとは言えないけれど、なかなかの芸達者さんなのでこれからの活躍が楽しみです。

それから、中国のシーンは中国でちゃんとロケしてました。
シーンによっては「確かこれは蘇州のお寺のハズ!」と思う部分もあり、すっごく懐かしく思えました。ロケ地協力でも蘇州の名前がエンドロールにあったので確かだと思います~。




内容を語るのはすごく難しいのですが
私が納得したセリフを紹介します。

僧であるにもかかわらず色欲を持ってしまい、仏門を離れる弟子に対して

「おのれを受け入れなさい。
 自分自身をありのまま受け入れなさい。
 色欲を持った自分を受け入れなさい
 すべてのことを受け入れなさい」

正確ではないですがこういうような言葉をかけていました。


この言葉は深く心に響きました。

自分のことを受け入れてこそ、前に進める。
自分のいやな部分も自分自身。
自分を知らなければ、自分を良くすることもできない。
悩みや禍いを解決するのではなく、悩みを受け入れることが第一歩。



「自分を受け入れよ」

自分にとって厳しい言葉でもあり、励まされる言葉でもあると
私は感じました。



こんなふうに
自分を見つめなおすことができる映画を見て
本当に良かったです。




春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり


道元禅師の残した言葉です。
ぜひこの意味は映画を見て知ってくださいね。

21 : 41 : 57 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

よろめき便り:つぼさん@横店編

前回に引き続き、上海よろめきーずのつぼさんが新正月に旅行されたときレポをお届けします。
今回つぼさんが行かれたのは横店という大きな映画撮影場。
私も一度は行ってみたいと思っていますが、これまた辺鄙な場所なので実現には程遠いと思われ・・・
そんな場所につぼさんが行くことができて私もうれしいです。

では、つぼさんの中国映画にコア~な方には楽しくなるレポ、どうぞ~






あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。

我が家の年末年始は、杭州と横店に行ってまいりました。
移動は全てバス。
日系の旅行会社のツアー、
西湖遊覧、年越しそば、夜景、宋城ショー、除夜の鐘、
お節料理、初日の出、霊隠寺初詣などなど。
中国にいても、モリモリ日本風なお正月を過ごせるぜツアー。
んで、おまけに念願だった横店影視城とゆー、
映画村のようなとこにも寄ってくれると。
ちなみにサイトはここ → www.hengdianworld.com/
有名どころの映画の撮影が、バンバン行われたとこなんです。
もちろん、Jay出演の『満城尽帯黄金甲』もね、ウフフ。
(→冬休み、ほのぼの家族旅行と思いきや、真の目的はここに、ウフフ)

まずは、上海を出発して1時間後、
高速でバス側面から、おかしな音が。
故障してしまったので、新しいバスを約1時間待つ。
まあこの程度の時間のロスでよかったよかった。
出だしから、ちょっと心配だったけど、
それ以降は、順調に。
深夜までだったにもかかわらず、
チビ達も、バツグンに元気。
年越しそばが、ただの中華そばだったりとか、
除夜の鐘が、ただの流れ作業だったりとか、
まあ、色々ありましたが、
元旦には、無事、初日の出を拝む事も。
西湖と初日の出
中国人もいっぱい見に来ていて、びっくり。
初日の出の瞬間、至る所から、意味不明の掛け声が上がり、
かなりの盛り上がり。

そして、杭州から、義鳥の小商品市場に寄って、横店へ。
すごく貧しい街。
この街で一番高級だとゆー、
四ツ星ホテル(中国では、ホテルには星級があって、
最高級が五ツ星)に宿泊。
ロビーから、部屋から、あまりの寒さに、かなり萎える。
その日の夜は、影視城エリアの一つ、
江南の水郷をイメージしたとゆー村の中の
これまた寒々しいレストランで、郷土料理の夕食。
豚肉かと思いきや、実はカエルの肉だったり、
何故か大洪水&祈祷ショーみたいな、
チープだか迫力ありすぎだか
よくわからないショーがあったり、
ここもまあ、色々ありました。
そしてそして、私的メインイベント、
紫禁城セット(明清宮苑)へ。
明清宮苑
ここで撮影された一番有名な映画は、
可愛いガイドさん曰く、
『満城尽帯黄金甲』なんだって。
あの埋め尽くされた菊の花は、飛行機を使って運んだらしい、
スゴイなー。
セット建築中  階段

入場した途端、チビと夫が、大騒ぎ。
何かと思ったら、湖南電視でやってる、娯楽番組のセットがあった。
日本で昔、『風雲たけし城』ってあったでしょ??
それをパクったような番組があって、
3人とも、かなりのお気に入り。
それの横店ロケを見ていたため、速攻反応したらしい。
チビ達は、自分もやりたいやりたいと、ずっと言ってる。
母である私は、そんなのお構いなし。
鼻息も荒く、ビデオ撮影しながら、
この紫禁城、本物より、私の世界遺産だわーなんて、独り言。
完全に浮いてました、私達。
明 明清宮苑 この近くの塀で『投名状』を撮影

このセットの中で、撮影の準備も進められていた。
黒い柱を金色に塗ったり、
変な置物(発泡スチロールで出来た怪獣)を設置したり。
セット建設中

三国志ドラマのセットだと、ガイドさんは言ってました。
撮影時は、さすがに一般人は立ち入り禁止になるらしいけど、
準備段階は、野放し状態、
相変わらずスバラシイ。
(実際、綺麗にひかれた金箔の紙の上、
なんの躊躇もなく、極上のポーズで写真撮影する中国人多数)

映画のセットとは別に、
馬に乗らせてくれるとこもあって
(ポニーとかではなく、ふつーの馬)、
チビ達は、お兄さんと一緒に、騎馬初体験。
これがこれが、子供を乗せてるとは思えない、全速疾走ぶり。
一緒のツアーのおばさんが、
『ヘルメットもかぶってないし、日本じゃ考えられないねー』
と一言。
ヘルメットかぶってもいいくらいの速度でした 笑
チビ達は、大興奮。
他にも、秦王宮(『無極』や『英雄』撮ったとこ)、 清明上河図なども。
明 秦王宮 『無極』『英雄』『西遊記』『ハムナプトラⅢ』
『ハムナプトラⅢ』にもたくさん出てきましたね、このセット。

秦王宮内の池 なんかの映画で見た事あるような、真ん中のおじさんは知らない人

いやいや、堪能しましたー。
外国人は、ほとんどいなくて、
中国人観光客ばっか。
交通アクセスがかなり悪いので、
日本からでは、なかなか行けないと思う。
よかった、上海にいるうちに来ておいて。

帰りは、世界一長い(36Km)とゆー、杭州湾大橋を渡って、
約6時間かけて、上海へ無事もどってまいりました。









つぼさんならではの視点による、横店紹介ありがとうございました。
私としては、中国人にも初日の出を楽しむ習慣があるということにビックリ。
これは知りませんでした。

それから、どの写真も「見たことあるある!」と思うような場所ばかり。
いいな~、いいな~。


広そうだなあと思っていたら、
なんと、この紫禁城のエリアと、秦王宮のエリアは、
全然別の所にあって、車で移動するんだそうです。
他のエリアにも、全て車で移動。
さすが大陸って感じですね~。



それから、中国映画のことをよくご存知の方に質問。
一番最後に載せている写真の秦王宮内の池。
どっかで見たことがあるのですが、何の映画でしたっけ・・・・・
もしわかる方いらっしゃいましたらメッセでもコメントでも拍手でも結構ですので教えてくださーい!









21 : 36 : 03 | お出かけ上海 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

よろめき正月だより:ひろさんマカオ編

上海よろめきーずのひろさんが
お正月休みを利用してマカオに遠征されました。
その時の素敵なリーホンタクシーを発見。
急のことでしたがちゃーんとお写真を撮ることができたそうです♪


う~ん、こんなタクシー、日本でも見たいわ~、乗りたいわ~



リーホンタクシー@マカオ



リーホンさんの新譜も、噂によるとなかなかよろしいとか。
私の手元に届くのは来月になりそうですが、楽しみに待ちたいと思います。



11 : 37 : 58 | 王力宏 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

新年快樂!萬事如意!恭喜發財!


新年快樂!萬事如意!恭喜發財!


本年も「アジアの日々」を楽しみたいと思います。





ところで。

今年の年末年始。

ひしひしと、「嵐」さんの人気を感じました。

ええ、もちろん、我が家ではあらしっくのうちの娘の影響で
私もかなーーりファンになっておりまして
彼らの魅力はかなーり感じております。
その他に、嵐って人気があるなあ・・・と思わせる出来事がありました。


ダーが飲み会だったので(本人は食事会と言い張る。)
 車で迎えに行った時のこと。
 同僚の方も一緒だったので、その方の自宅まで送ることになり、
 世間話のひとつとして、「そういえば、娘さん中3ですよね~」と話しかけると
 「受験生というのに、毎日ジャニーズジャニーズと騒いでるよ」との回答。
 もしや・・・・と思い
 「ジャニーズの誰のファンですか?」と聞くと 「嵐なんです」と。
 ふだんからダーの会社の方とは接することは少なくはないのですが
 こういう風に、タレントの話が出るのは初めてでした。 


遠方へ引っ越してしまったママ友から久し振りの電話があり
 近況報告をしたり悩みを話したりしたときのこと。
 嵐さんのことがとても気になるという話になり、ライブ行きたいね~と盛り上がりました。
 

毎年いただく年賀状。
 その中の台北在住時代の友人からの年賀状の中に
 「親子ともに嵐に夢中です」と書いてありました。
 そういう話は全くしたことがなかったのでびっくり!



これだけ普段明星の話をしたことがない人と
偶然「嵐」の話題が出るということは
相当人気がある証拠ですよね~。


彼らは今年10周年。もちろんコンサートもあるのでしょう。
私たち親子は無事チケットを入手できるのでしょうか!?






20 : 22 : 30 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。