スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

よろめき活動報告:投名状イリマチ・びわさん編

先日12月7日、上海で映画「投名状」の舞台挨拶が行われました。
場所はよろめきーずがよく出入りしているシネコンです。
以前、ヴァネ「猛龍」舞台挨拶があった場所。そのときのレポはコチラ
その見面会があった時に特攻してくれたちぅちゃんのレポはコチラ
そのちぅちゃんの経験をもとにして、上海よろめきーずは今回の「投名状」舞台挨拶に臨んだのです。
参加されたのは、びわさん、つぼさん、wulongさんの三人。(+小さな同行者2人)

今回はよろめきーずの中でのレポは初めての びわさんのレポを公開させていただきます。
びわさんは、日本では有数の潘瑋柏ファン。
ウイルへの愛は目を見張るものがあります。
そのほかは中華の女子明星&胡彦斌ファンでもいらっしゃいます。
では楽しんでくださいね~、なかなかゆるゆるで楽しいレポですよ~♪





投名状ポスター

先日は今後に役立つかも?ということで映画の舞台挨拶にやってくるスターを観察してきました。
映画タイトルは「投名状」です。公式サイト→http://www.warlordsthemovie.com/

やってくるスターは劉徳華(アンディ・ラウ)、金城武、徐静蕾の3人。
上海での舞台挨拶は2箇所で行われ、19時からと20時からの予定。
20時からの舞台挨拶は上記3人に監督の陳可辛(ピーター・チャン)と李連杰(ジェット・リー)も参加の模様。
こちらの大規模舞台挨拶には目もくれず、19時から3人だけやってくる小規模舞台挨拶に狙いを定めました。

だってさ、どっちにしてもチケット持ってないし入場できないの。
だから会場にやってくる姿を見てみよう!と入り待ちを体験してみることにしたのです。

正直な話、アンディも武も徐さんもほとんど興味ないし(それでも行くのはなぜ?)。
あえていうなら、武が妹のダンナに本当に似ているかちょっと確認に・・・。
というわけで、小規模舞台挨拶が行われる映画館(シネコンです)に行き、なんの警備体制もない会見場周辺をチェック。
裏口っぽいところなどをチェックしていると、変な部屋発見。ガラスの扉で丸見えのその部屋にはソファーセットと「投名状」のポスターとミネラルウォーター。ただし、そのガラスの扉にはカーテンが付いていて、今はあいているから見えるが、シャットアウト可能。
うむ、ここに来るに違いない。とほぼ確信。
というか、こんなとこまで進入できるって一体どういうことだい。
だいたい、映画館の入場口にはチケットもぎりがいるが、出口には立ち入り禁止の看板も何もないのでそこから入ることも可能。
みんな普通に行き来してるようだし・・・。なんだこの自由なシネコン。

とまぁそんな感じで1時間ほどその小部屋を張っているうちに、ほんの数名だけど同じ目的をもってると思われる人間が集ってきた。
カメラマンや取材風の人も到着しはじめ、いくら興味のないスターとは言え、ちょっと緊張してきた。
同行者はアンディを狙う感じなので、私は金城武にしとこうと決める。しかし、私の中での金城武はそのまま「金城武」であり「金城~!」でも「武~!」でもない。ましてや中国語で呼びかけるのもおかしいし。
一体、日本のファンたちは彼のことをどうよんでいるのか?今さら調べることもできない・・・。
ウィルだったら「瑋柏~~~!」と張り切って言えるが「タケシ~!」はちょっと・・・むり。
と、そうこうしてるうちに19時はとっくに過ぎた。
遅い。どっから来るんだ?もしかしたらこの場所は見当違い?などと思って集中力を失いはじめたその時、同行者が叫んだ!
「金城くーん!」
え?ど、どこに金城武が?と思う間もなく、目の前を数名のボディーガードとともに歩いていく金城武。
しかも手薄な警備体制にまったくかわりなし。どうやら普通に一般人の通路からやって来た様子。どんな会場入りだよ。
彼との距離は2mなかったな。
恥ずかしながら、一目見てかっこいいと胸に刻み込まれたので「金城くーん!」と私も大声で4,5回叫びました。
渋い顔で振り向いた彼は、あの秘密の小部屋へと入っていったのであります。しかしまぁ「金城くん」ってなんだよ・・・・・・・。

そしてそれから数十秒後、アンディがまた手薄な警備のままボディーガードとともに歩いてきます。
今度は私も最初っから「アンディー!」とか言っちゃったりなんかしてね。
最初素通りしかけたアンディは3回目くらいの「アンディー!」で、バシッと振り返りこちらに首を固定し、声の主をしっかりみつめ「受け止めた」みたいなビームを出して、秘密の小部屋へ入っていきました。
ということで同行者と私、全員がアンディに受け止められました。スターはすげーな。

徐さんは割愛します(だってうつむいてて顔ぜんぜん見えなかった)。

今回はこれまでのイベント参加体験と比べるとかなりお得感にあふれていました。
シネコンなので屋内の空調が行き届いた空間でラクラク待機でき、なぜか控え室の目の前に陣取っていても怒られず、うすーい警備の中、至近距離で一瞬とはいえ、スターを見たのですから(だから何だっつー話?)。それにしても、常時ゆる~い空気が漂っていました。
ウィルの簽唱會ってそれを思うと修行のようです。


どうせならジェット・リーも見たかったなー。
ちなみに武は妹のダンナに似てるかどうか判別するほどの時間はありませんでした。
が、こちらのポスターの武、やっぱり妹のダンナに似てると思う。似てはいますが「かっこいい武」とは次元が違うことをお伝えしておきます。





金城くんのことをどうやって呼ぶのかがとても気になった様子のよろめきーず。
結局「金城くん」と呼んだようですね。
よろめきーずには「たけちゃ~ん」と呼ぶことが出来ない理由があるので
これからも呼ぶときは「金城くん」になるのでしょうか。

それにしても、劉徳華さんはすごいビームのようですねえ・・・
私も死ぬまでに(←大げさ)一度ビームを浴びてみたいですわ。
wulongさんは、そんな劉徳華さんのことをスーパーアイドルサイボーグと名づけてましたよん。
うん、なかなかピタっとくる言い方だわ~~。
接近時、明星さんたちとの距離はわずか2メートル。ホント、羨ましいです。

いろんな食品の偽装やニセモノ販売は簡便してほしいけれど
こういうゆるゆるの明星管理は中国の良さだな、と痛感しました。




よろめき活動報告
10 : 19 : 34 | 劉徳華 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<よろめき活動報告:投名状イリマチ:つぼさん編 | ホーム | 中国の干支と日本の干支のお話。>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuimei777.blog49.fc2.com/tb.php/165-50cb24ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。