スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

老師と ラストサムライ

昨日は老師の就職のことを書きましたが・・・

普段の老師をご紹介。


芸能ゴシップから、映画関連、時事問題、
時には政治問題、歴史問題まで。
あ、教育相談、子育て相談みたいなこともあったり
一週間に一度の2時間は、カナリ楽しいです。

私が映画を見るようになってからは、
映画の話をよくします。
そして、私が持っているDVDを貸すのが習慣になってます。
もちろん、レスリーのものも見てもらってます。
老師が既に見てある映画については解説してもらったり、
とってもとっても為になるの。

以前私が、老師にある、1枚のDVDを貸しました。
それは、日本の映画でもなく、香港・中国の映画でもない、
ハリウッド映画。
それは、「ラスト・サムライ」

ワーナー・ホーム・ビデオ
ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉


もしかしたら、
日本人って、こういう民族なんだな~と
感じてもらえたらうれしいな、と思って貸しました。
この映画は、ご存知の通り、アメリカ人が作った、日本が舞台の映画ですよね。
だから、日本人が美化した日本を描くのではなく、
欧米人から見た日本の姿だからこそ、
中国人が理解しやすいのではないか、そう、感じたのです。

そして、ちゃんと私の意図を老師は感じ取ってくれました。

彼は、数人の同学(大学の友達)と見たそうです。
最初、友達は、
「日本のサムライの映画なら、見たくない」とか
「日本のそういうものに,いいイメージは持ってないから見ない」とか言ったそうですが、
「トムクルーズのハリウッド映画」と言ったら
「じゃあ、見る」と言ったそう。
そして、見た後は、「日本人ってこういう民族なのか・・」と
いい印象を持ってくれたとか。

私の思った通りでした。

やはり、中国での日本の報道は、
あまり好意的でないものが多いのは事実。
しかし、彼らは
国と国とはともかく、個人と個人の付き合いでは
日本人は決して悪い人間ではない、ということや
日本人はこういう考え方のルーツを持っている民族なのか、と
感じてくれたようです。

少しは、国際交流になったかしら?
日本人にとっては、数ある中の映画の一つだけど、
国際的に有名なトム・クルーズが
あの映画を撮ったことは、国際的には大きな意味があったと思いました。


老師は、とっても寛容な人だと思います。
よく彼は言います。
「色んな民族がいて、色んな考え方があるとおもうけど 
 個人と個人なら、きっと仲良くできるはず」と。

私はそれを全く支持できるほど寛容な人間ではありませんが
彼の姿勢は見習わなくては、と思いました。

年下ですが、とても尊敬のできる老師です。


ふふふ、たまには老師と真面目な話もしてるのよん。

10 : 38 : 00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<書けない病中~~。 | ホーム | 就職決定!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuimei777.blog49.fc2.com/tb.php/306-dc6ad4fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。