スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

シュウさんのナゾ。

現在アジアンプラスJOQRにて放送中のF4台北イベントレポート。
もうお聞きになりましたか?
毎週金曜日更新なのでまだの方はお急ぎくださいね。
レポートとともに、日本向けの囲み取材の様子、とても臨場感があっていいですね~。

この取材の中で、会見、イベント共に通訳はいつものシュウさんでした。
いつも通訳は「シュウさんです」と紹介されていたので
脳内の漢字変換機では「周」さんだと勝手に思ってばかりいました私。
でも、ここで悩みが・・・・。
レポートされている方が、シュウさんのお名前を「サミュエル・シュウさん」と紹介されていたのです。
一般的に、英語名で紹介するときって、例えば
言承旭ジェリー・イェン
周渝民なら ヴィック・チョウ、と
苗字の部分は北京語発音(英語表記時の発音)を使いますが、
サミュエル・シュウ」さんと紹介されたということは
シュウさん=北京語発音ということになります。
xuさんだとしたら、許さん 徐さんなど、
shuさんだとしたら、庶さん、属さんなど・・・
周さんではないことになるんですけど・・・・。
お気に入りの通訳さんなだけに、本名を知りたいなと思っちゃいます。
ご存知の方は是非教えてくださいね。

-------------
おかげさまでシュウさんのナゾは解決されました。
それについては→コチラの記事をご覧下さい。




本当は告知をするつもりだったんですけど
忘れちゃいました。
昨夜、「愛の神、エロス」(王家衛監督)の放送がありました。
BSジャパン・シネマクラッシュにて
無料のTVでは初放送でした。

愛の神、エロス 愛の神、エロス
森川智之、 他 (2005/12/22)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

中文DVDも持ってはいますけど、日本語字幕で見るのは初めて。
しかも、BSジャパン放送なので、デジタル放送。美しかったです。
王家衛監督他2人の監督によるオムニバス映画なのですが
王家衛監督の部分を見ただけで十分♪
コン・リーの色気・チャイナドレスの美しさと
チャン・チェンの色気っぷり。
香港を舞台にしているはずなのに北京語を使うという辺りは
王家衛監督の母国語で演技をさせるというポリシーなんでしょうね。
色香が漂うのですが、直接的なエロ映像がない辺りがアジア人の私にはツボでした。
10 : 14 : 22 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ハケンの入社式@神戸

正社員の方には申し訳ありませんが、
神戸の入社式・夜の部にハケンの分際(ever会員)で参加いたしました。
よろめき活動報告させていただきます。


実はスーイベントに日本で参加するのは初めて。
仔仔は私が中国在住中に何度も大陸に来てくれて、テレビでも身近に感じ、
生仔も上海で二度体験しました。
そして、神戸での入社式参加。

神戸では、お会いした事のない迷さんにもお会いできて楽しかったです。


仔仔のイベについては色んなブロガーさんが書いていらっしゃるので
特に細かい所はかかずに、
私は私の気が付いたことを何点か書かせていただきますね。


その1

仔仔は薄かった。
本当に、細い~~。折れそう~~。
どっかの高校生の体型と思っちゃいました。
途中で上着を脱ぐとき、ついつい香港の「LOVE IS OVER」を思い出しちゃいましたわ。
「何の曲が聞きたい?」と聞かれたときにあちこちで「LOVE is OVER!」と叫ぶ声が聞こえましたが、私も後方から叫ばせていただきました。
もちろん、リクエストは叶いませんでしたが。(笑)


その2

今まで中華圏でのイベントばかり経験していた私は
ほぼ、初めての日本でのイベント。
去年12月の蒲巴甲来日の時は、お客さんも中華慣れした方ばかりですし、
主催者側もかなりゆるゆるの中華仕様でしたので
日本にいるという感覚が薄れてました。
で、今回の入社式。
立ち上がらないで、という主催者の言う事を聞くのはもちろんの事なのですが、
仔仔に向かって叫んだりするアプローチがすごく少なく感じました。
きっと、これが正宗的日本人(正しい日本人)なのだな~と驚きも含んだ私の感想です。
すみません、おとなしい皆様の間に挟まれながら、
かなり叫んでしまいました。
だって「開心!(楽しんでるよ)」と仔仔に伝えたかったんですもの~♪


その3

司会者、通訳の方が素晴らしかったです。
特に通訳の男性の方。周さんでしたっけ?(うろ覚え)
先日のF4来日会見の時も通訳されてましたねー。
今回の仔仔は、かなりわかりやすく話してくれました。
難しい言葉や言い回しもほとんどしないし、
文も短く区切ってくれるので、脳内で理解する時間も充分ありました。
なんて素晴らしいトーク♪
それに加えて、素晴らしい通訳さんでした。
中国語特有の言い方で、直訳するとどう訳していいかわからない言葉を
とても日本語らしく、社長の言葉を理解しやすく訳してくださいました。
社長の最後の挨拶で
「僕はこの人(通訳さん)がいなかったらどうしていいかわからないよ」
と言ってましたが、
通訳でも、早口だったり、わかりにくい訳だったりすることも多いのに、
本当に、仔仔が話すニュアンスのまま、訳してくれていたと思います。
なので、仔仔と通訳さんが話す2回分、私はイベントそのものをゆっくり楽しめました。
スーが次回来た時も、ぜひぜひ今回の通訳さんにお願いしたいです!




その4

ティッシュペーパーについて。
仔仔はあるマジックを披露してくれたのですが、
それに使ったのが日本で言う所の、「ティッシュペーパー」。
でも、あのティッシュ、やけに大きいと思いませんでしたか?

実は、私の住んだ台湾、上海では(他の地域は知りませんが)
ハンカチ、と言うものがポピュラーではありません。
まだ、台湾は日本の習慣に近いので、デパートなどでは見かけましたけど、
ハンカチを使う習慣そのものが、とても少ないと思います。
じゃあ、何で手を拭くのかって?
そこで、あの、仔仔が使っていたティッシュ=紙巾を使うのです。
知人は「ハンカチは洗わなくちゃいけないけど、紙巾は洗わなくていいから便利」と言ってました。
日本の普通のポケットティッシュのような物ではなく、
もっと丈夫で、もっと大きくて、もっと綺麗な材質です。
高級品は、紙ナプキンのように、型押しの模様があったり、匂いがついていたり。
そして、それをポケットに入れて、一日使う人もいるのです。(1回ごとの人もいますが)
国によって色んな使い方があるんですねー。

で、仔仔の話に戻りますが、
最初は「紙巾」(ティッシュ又は紙ナプキン?)と読んでいたモノを
最後に言った時は「衛生紙」(トイレットペーパー)と呼んでました。
私は、あの品物を衛生紙と言うのは初めて聞きましたが、
もしかして、汗を拭く=汚れたものを拭くからなんでしょうかね~。
そこら辺りはナゾですが。




以上が私の感想です。
仔仔のトークは、思った以上に面白くて
とっても楽しかったです♪
間が上手いんでしょうね。
残念ながら、ハイタッチの幸運はありませんでしたが、
仔仔の成長を感じたファンミでございました。





■おまけレポ by中S
そして、その後の紙巾の行方は・・・
続きを読む
14 : 05 : 45 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

仔仔入社式

さっき帰宅しました。
仔仔、かわいかった~。薄かった==!
日本の迷は大和撫子でした。
やはり、中国人(私)とは違うわーーー(笑)


感想は、ボチボチと。

キーワードは
紙巾、衛生紙でしたわ。


02 : 40 : 52 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

戚偉易が募金したお金の価値。

日本に帰国してから、
やっと「深情密碼~silence」を見ています。
上海でもテレビ放映されていたんだけど、
毎日2話放送の壁に阻まれ断念。
上海では録画昨日を持つハードを持ってませんでしたから・・・。


で、ちょっと気が付いたことを。
先週放送分の9話。

病に侵されたと知る戚偉易が街を彷徨い、
街頭でお金を寄付するシーン。
中国元のお金の価値を知らない人でも
大金を寄付したんだな~ということはわかったと思います。

あの時のお金、白い帯が付いていましたので、
一般的には銀行でもらう、まとまった単位で束ねてある束だと考えられます。
だとしたら、あれは一万元。(人民元)
日本円換算すると、15万円ですが、
きっと中国人の感覚では日本人で言う100万円くらいに感じるはず。
そりゃ、寄付箱持ってたオバチャンもビックリしますよね。



青島の物価は知らないのですが、
中国の給料って地域によってものすごく違います。
上海でも、都市部と郊外、上海周辺の市では賃金の格差は大きいです。
そして、学歴に寄って大きく格差は生まれます。



最近人気の出てきた大陸の新人スターが、
「ボクは以前上海に出てきた頃、給料300元だった。」と言ってました。
お金の感覚としては、
上海の道端でお昼になると売っているお弁当が5元程度。
(日本なら、ほか弁500円相当)
一日弁当2個食べるだけで、給料はなくなってしまう計算なので、
かなり貧しい生活ですね。

その反面、
お金持ちはハンパじゃなくお金持ち。


貧しい人も多いけれど、
富裕層も多い、それが中国の都会だと思います。



11 : 01 : 00 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

仔仔DVD検証中。

素敵な発見しちゃいました。


昨日、ちぅちゃんが日本から持ち帰った、
仔仔のプライベートビデオを見ました。

その中で、仔仔が、
おいしいスイーツを紹介してくれて
「犇」という店のチョコが最高に美味しいと言ってました。
で、その「犇」というお店、
ナント、私が台湾に住んでいた時に新しく出来たお店と同じ名前。


日本人にとって「鉄板焼き」と言うと
「お好み焼きの鉄板で何かを焼く」というのが想像されますが
(それは私だけ?)
海外では、お客の目の前で焼いてくれるステーキハウスのことを指すことが多いです。
しかも、それは「日本料理」のジャンルの中に入ります。


ということで、「焼肉屋」ではなく
「鉄板焼ステーキハウス」じゃないかとピンと来ました。
ステーキハウス→肉を焼く→「焼肉屋」になっちゃったんでしょうね。

焼肉屋でデザートに美味しいチョコっていうの
はあまりにも不自然だものね。


ということで
微かな記憶を辿って検索してみました。
犇鐵板燒 Yahoo!奇摩生活+
http://tw.lifestyle.yahoo.com/6dab3070/050201/170/2351x.html
文中にも「10年以上」と書いてあるので、
私の記憶とぴったり。
私の台北生活は94年~97年の間なので。
サイトを見たら、なんとなく、住所も思い通りのところでした。
すっかり通りの名前は忘れちゃってますけどね。


ちなみに、お店のジャンルに
「日式料理 法式鉄板」とかいてあります。
どーゆージャンルや!(笑)
日本風料理、フランス風鉄板だって!(笑)

「鉄板焼」というと
上海でも台北でも、旅行に行ったほかの海外でも、
日本料理のジャンルに入ってますのよん。


鉄板焼きのお店は、高級感が大切。
お店の多くは食事が済んでから、
別のラウンジへ行ってデザートやコーヒーをいただくことになります。
それなら、凝ったデザートが出てもおかしくないわ。



とりあえず、真偽のほどはわかりませんが
ご参考程度にどうぞ。




21 : 37 : 01 | 仔仔 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

fuimei

Author:fuimei
もと上海在住軟弱主婦です。
現在は日本在住。

アジアの日々~上海より~
  中華芸能・生活イロイロ・気になることを書いています。

 
**アジア滞在経験**
  ★1994年~1997年:台湾
  ★2004年~2006年:上海
    

    
↓ただいまコッソリとBBSにて映画・ドラマの感想更新中
☆アジアの日々BBS☆




HMV検索
検索する






↓↓上海のおやつネタ
上海馬馬虎虎



王力宏工房



☆メールはこちら☆

最近の記事+コメント

Twitter on FC2

ブログリスト

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

お知らせ


無料アクセス解析



水のなるほどクイズ2010

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。